サルヴァトーレ・アッカルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サルヴァトーレ・アッカルド (Salvatore Accardo, 1941年9月26日 - ) は、イタリアヴァイオリニスト。近年ではヴィオラ演奏や指揮者も手掛ける。トリノ生まれ。驚異的なテクニックと、明るく澄んだ音色、美しく華麗な歌の魅力により、パガニーニ作品の演奏家として名高い。

略歴と評価[編集]

サルヴァトーレ・アッカルド, 肖像 - アウグスト・デ・ルカ‬

幼少の頃より抜群の楽才を示し、ナポリサン・ピエトロ音楽院でルイージ・ダンブロジオに、シエーナキジアーナ音楽院ジョルジュ・エネスコの高弟だったイヴォンヌ・アストリュクに師事し、さらにナタン・ミルシテインにも師事する。13歳にしてトリエステで最初の演奏会を開いたという神童であった。

その後、1955年ヴィオッティ国際音楽コンクールで3位入賞。さらに、1956年ジュネーヴ国際音楽コンクール1957年イタリア放送の各コンクールで優秀な成績を上げ、さらに1958年にはパガニーニ国際コンクールを17歳の若さで第1位を獲得する。「パガニーニの再来」という賛辞を贈られたほどであった。そのパガニーニ国際コンクールにおいて、現在では審査員を務めている。

その後は、マルタ・アルゲリッチとの共演などソリストとして世界的な活動を行う。パガニーニの演奏はとりわけ評価が高く、1970年代半ばには、シャルル・デュトワと共演して協奏曲全6曲の全集や、譜面が現存するヴァイオリンと管弦楽のための協奏作品、ヴァイオリン独奏曲のほぼ全て[1]を録音し、「24の奇想曲」は少なくとも2回は録音している。録音数は、フィリップス、ドイツ・グラモフォン、EMI、ソニー・クラシカル、フォネ、Dynamic、ワーナーといったレーベルに50点以上の録音がある。

テクニックだけの演奏家ではなく、持ち前の明るく澄んだ音色と美しく華麗な歌の魅力により、ブラームス協奏曲メンデルスゾーン協奏曲チャイコフスキー協奏曲でも演奏を残している。クルト・マズアと共演して、マックス・ブルッフヴァイオリンのための協奏的作品をほぼすべて録音した。


ストラディヴァリウス・ファイアーバード・エクス・サン=テグジュペリ(1718年製)とストラディヴァリウス・ハルト・エクス・フランチェスカッティ(1721年製)の二種類のストラディヴァリウスグァルネリ・デル・ジェス1734年製)を愛用している。