サスカトゥーン・ジョン・G・ディーフェンベーカー国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Saskatoon John G. Diefenbaker International Airport
Saskatoon International Airport
Saskatoon 110.jpg
IATA: YXEICAO: CYXE
WMO: 71866
概要
空港種別 Public
所有者 Transport Canada
運営者 Saskatoon Airport Authority
供給都市 サスカチュワン州サスカトゥーン
標高 1,654 ft / 504 m
座標 北緯52度10分15秒 西経106度42分00秒 / 北緯52.17083度 西経106.70000度 / 52.17083; -106.70000座標: 北緯52度10分15秒 西経106度42分00秒 / 北緯52.17083度 西経106.70000度 / 52.17083; -106.70000
ウェブサイト www.yxe.ca
地図
CYXEの位置
CYXE
Location in Saskatchewan
滑走路
方向 全長 表面
ft m
09/27 8,300 2,530 舗装
15/33 6,200 1,890 舗装
統計 (2011)
発着回数 94,125
乗客数 1,246,405
Sources: Canada Flight Supplement,[1]Transport Canada[2]
Environment Canada[3]
Movements from Statistics Canada[4]
Passengers from Business View Magazine (p. 13)[5]

サスカトゥーン・ジョン・G・ディーフェンベーカー国際空港: Saskatoon John G. Deifenbaker International Airport)は、カナダサスカチュワン州最大の都市サスカトゥーンに位置する空港

2001年の年間利用客は80万人を超え、州内最大の空港となっている。2005年には90万人以上の利用客が見られ、貨物部門ではカナダ国内で20番目に利用の多い空港である。

歴史[編集]

1929年6月1日にサスカトゥーン空港として開港。1940年にはカナダ空軍に貸与しカナダ空軍サスカトゥーン基地となった。戦後の1947年に民間利用に開放され、トランスカナダ航空(現エア・カナダ)が就航した。エア・カナダは1950年からカナディア・ノーススター機を就航させ、その後ビッカース・バイカウントに引き継いだ。拡張に伴い1955年1975年に新ターミナルができる。

1993年サスカチュワン大学出身で、カナダ西部の開発に初めて力を入れたカナダ13代首相ジョン・ジョージ・ディーフェンベーカーの名にちなみ、現在の空港名へ改称。1995年に、カナダとアメリカの間で結ばれた航空自由化協定によってノースウエスト航空ミネアポリス・セントポール国際空港への就航を開始。1996年にはウエストジェット航空ボーイング737を飛ばすようになる。1999年、カナダの空港政策に沿って同空港は「サスカトゥーン空港公団」(Saskatoon Airport Authority)の管理下となる。

2000年には、NAVカナダ(NAV CANADA)によって新しい管制塔が建てられ、空港公団によってターミナルの改築と拡張が始められる。2002年10月、1,800万カナダドルを要してターミナル・ビルの改築が一部完成する。この改築は年間1,400万人の利用客を想定して設計された。

2005年、残りのチェックインフロアなどの改築も完成する。同年、エア・カナダは、主な路線だったトロントへのフライト(機材)をそれまでのエアバスA320やエアバスA319からエア・カナダJazzCRJ-705に変更した。翌年の2006年にはまた週に何便かはエアバスA319を利用するようになった。同年、空港は駐車場の拡張を行い、プロント航空(Pronto Airways)が就航を開始する。また、ノースウェスタン・エア(Northwestern Air)とトランスウェスト・エア(Transwest Air)がアルバータ州フォートマクマレーへ運航を開始した。

脚注[編集]

外部リンク[編集]