サウゼ・ドゥルクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サウゼ・ドゥルクス
Sauze d'Oulx
サウゼ・ドゥルクスの風景
行政
イタリア国旗 イタリア
Flag of Piedmont.svg ピエモンテ
Provincia di Torino-Stemma.svg トリノ
CAP(郵便番号) 10050
市外局番 0122
ISTATコード 001259
識別コード I466
分離集落 Jouvenceaux
隣接コムーネ ウルクスプラジェラートセストリエーレ
公式サイト リンク
人口
人口 1,104 [1](2012-01-01)
人口密度 64.6 人/km2
文化
住民の呼称 salicesi
守護聖人 聖ジョバンニ
(San Giovanni Battista)
祝祭日 6月24日
地理
座標 北緯45度2分0秒 東経6度51分0秒 / 北緯45.03333度 東経6.85000度 / 45.03333; 6.85000座標: 北緯45度2分0秒 東経6度51分0秒 / 北緯45.03333度 東経6.85000度 / 45.03333; 6.85000
標高 1509 (1240 - 2498) [2] m
面積 17.10 [3] km2
サウゼ・ドゥルクスの位置
サウゼ・ドゥルクスの位置
トリノ県におけるコムーネの領域
トリノ県におけるコムーネの領域
Flag of Italy.svg ポータル イタリア
テンプレートを表示

サウゼ・ドゥルクスイタリア語: Sauze d'Oulx)は、イタリア共和国ピエモンテ州トリノ県にある、人口約1100人の基礎自治体コムーネ)。

歴史ある山岳リゾート地で、セストリエーレなどとともにヴィア・ラッテア英語版と呼ばれるスキーエリアに含まれる。2006年トリノオリンピックでは、フリースタイル・スキー競技の会場となった。

名称[編集]

ファシスト政権下のイタリア化政策により、1928年から1947年にかけてサリーチェ・ドゥルツィオSalice d'Ulzio)と呼ばれた。

地理[編集]

位置・広がり[編集]

トリノ県南西部のコムーネで、ヴァル・ディ・スーザイタリア語版に位置する。サウゼ・ドゥルクスの集落は、スーザの南西約19km、県都・州都トリノの西約65km、グルノーブルの東約88kmにある。

サウゼ・ドゥルクスの集落はウルクスの集落の南東約2kmに所在する。コムーネとしてのサウゼ・ドゥルクスは、南東側を除いてウルクスに三方を囲まれている。

隣接コムーネ[編集]

隣接するコムーネ、およびそれに相当する行政区画は以下の通り。

歴史[編集]

ローマ時代以前のこの地にはケルト人の集落があったことが考古学的な調査によりわかっている。

中世にはノヴァレーザの修道院 (it:Abbazia di Novalesa領となり、次いでウルクスの聖職者(プロボスト)の所領となった。

1000年にはドーフィネの一部に組み込まれ、1343年からはエスカルトン共和国 (it:Repubblica degli Escartonsの一部となった。

1713年ユトレヒト条約により、フランスはこの地をサヴォイア家に割譲した。オーストリア継承戦争中の1747年には、フランスとサルデーニャ王国(サヴォイア家)とのアッシエッタの戦い (Battle of Assiettaの戦場となった。

19世紀の初め以降、サウゼ・ドゥルクスはトリノの貴族たちの冬のリゾートとなった。

ファシスト政権下のイタリア化政策により、1928年に地名が「サリーチェ・ドゥルツィオ」(Salice d'Ulzio)と改められた。sauze を salice(イタリア語で柳を意味する)と解釈したものであるが、語源学的には誤りである。第二次世界大戦後に自治体となり、地名ももとに戻された。

2006年トリノオリンピックでは、フリースタイル・スキー競技トリノオリンピックにおけるフリースタイルスキー競技)の会場となった。

脚注[編集]

「※」印を付したものは翻訳元に挙げられていた出典であり、訳出に際し直接参照してはおりません。

外部リンク[編集]