ドーフィネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドーフィネの旗

ドーフィネドフィネ)またはフィネ・ヴィエノワ(Dauphiné, Dauphiné Viennois)は、フランス南東部のかつての州。現在のイゼール県ドローム県オート=アルプ県を含む。歴史的な州都はグルノーブルで、その他にはヴィエンヌヴァランスディーギャップブリアンソンである。

ル・ドフィネ・リベレフランス語版英語版は、有名な地元新聞であり、長らく自転車プロロードレース「クリテリウム・デュ・ドフィネ・リベレ」を主催していた。新聞社が主催者から外れた現在の名称はクリテリウム・デュ・ドフィネとなっている。

歴史[編集]

ドーフィネの位置

古代には、ドーフィネとなる一帯はケルト人ガリア人が定住していた。

西ローマ帝国が滅亡すると、神聖ローマ帝国の構成国である山岳公国としてゆるやかに独立を獲得した。

12世紀、地元の支配者であるギィ4世・アルボン(1095年 - 1142年)は自分の紋章にイルカ(フランス語でdauphin)を持っており、あだ名を「ル・ドーファン」といった。その子孫たちは、本拠地をヴィエンヌへ移した後、アルボン伯からドーファン・ド・ヴィエノワ伯と称号を変えた。彼らは1349年までこの称号で知られていたが、男子継承者のいないアンベール2世・デュ・ヴィエノワは、自分の領有権をフランス王フィリップ6世へ売り渡した。ドーファン・ド・フランス(Dauphin de France)の称号は王位継承予定者が名乗ると取り決めがなされ、それはフランス革命まで続いた。最初のドーファンは、フィリップ6世の孫であるシャルル(のちのシャルル5世)であった[1]。この称号はドーフィネ領も付随して贈られた。ルイ11世はドーフィネに長く暮らした唯一のフランス王である。アンベール2世との同意はさらに、ドーフィネは多くの税と関税から免除されると明記していた。この地位は、さらなるその後の慣例に基づいた議論の課題となり、地元の実力者たちはこの地方自治と特権を国家の攻撃から守ろうとしていた。

1638年頃のドーフィネの地図

第二次世界大戦中、ドーフィネには強力なレジスタンス組織のマキが本拠をおいていた。

関連項目[編集]

参照[編集]

  1. ^ フランス王国は、アンベール2世の持っていたその他の称号、ブリアンソネ公、シャンソル公、セザンヌ侯、ヴィエンヌ伯、アルボン伯、グレシヴォーダン伯、ガペンセ及びアンブラン伯、ラ・トゥール男爵、ラ・ヴァルボンヌ男爵、モントーバン及びメヴイヨン男爵を吸収した。