ゴスピッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴスピッチ
Gospić
Gospic panorama s novog mosta.JPG
ゴスピッチ市街
座標 : 北緯44度32分49秒 東経15度22分28秒 / 北緯44.54694度 東経15.37444度 / 44.54694; 15.37444
行政
クロアチアの旗 クロアチア
  リカ=セニ郡
 市 ゴスピッチ
市長 Petar Krmpotić (HSP
地理
面積  
  市域 967km2
標高 562m
人口
人口 (2001年現在)
  市域 12,980人
    人口密度   13人/km2
その他
等時帯 中央ヨーロッパ時間UTC+1
夏時間 中央ヨーロッパ夏時間UTC+2
郵便番号 53000
市外局番 +385 053
ナンバープレート GS
公式ウェブサイト : gospic.hr
ゴスピッチの位置
ゴスピッチ

ゴスピッチクロアチア語: Gospić)はクロアチアリカ=セニ郡の都市及び基礎自治体でリカ=セニ郡の郡都である。リカ川河畔のカルスト地に位置している。

歴史[編集]

ゴスピッチやその周辺は先史時代より人が住んでいるが、最初にこの地域でまとまった定住地が形成されたのは1263年とされカセグ(Kaseg)やカセジ(Kasezi)の名で記録されている。ゴスピッチの名が初めて言及されたのは1604年で、ゴスピッチはもともとはクロアチアの言葉で女性を表す語"Gospa"や"Gospava"から来ているとされる。今日、ゴスピッチにはオスマン帝国が造った要塞(Aga Senković,Aga Alić)が町の周辺で見ることができる。17世紀末、オスマンが撤退するとハプスブルクの支配下で軍政国境地帯より内側のリカ地方の行政的な中心地となった。

1990年代クロアチア紛争時にはゴスピッチは激しい被害を受けている。戦時中、町はクロアチア人勢力が支配していたが、東側は直接セルビア人勢力のクライナ・セルビア人共和国が支配しておりゴスピッチは攻撃を受けていた。その一方で、1991年10月16日から10月18日にかけてクロアチア軍によるセルビア人に対して行ったゴスピッチの虐殺en)も起こっている。最終的に紛争は1995年8月嵐作戦の成功によってクロアチア側の勝利で終わる。

人口動態[編集]

1991年[編集]

2001[編集]

  • 合計 12,980人
    • クロアチア人 - 12,050人 (92.84%)
    • セルビア人 - 625人 (4.82%)

ゆかりの人物[編集]

外部リンク[編集]