コーネリウス・ヴァン・ティル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コーネリウス・ヴァン・ティル
生誕 1895年5月3日
オランダフローテハスト
死没 1987年4月17日
アメリカ合衆国
職業 牧師神学者

コーネリウス・ヴァン・ティル: Cornelius Van Til1895年5月3日 - 1987年4月17日)は、アメリカ合衆国の神学者。改革派の代表的弁証学者で、正統長老教会教役者だった。ウェストミンスター神学校で長く教えた。

生涯[編集]

  • 1985年 オランダのフローテハストで生まれる。
  • 1905年 オランダからアメリカに移住する。カルヴィン大学を卒業後1年間、カルヴィン神学校でルイス・ベルコフに学ぶ。その後、プリンストン神学校に転籍する。
  • 1928年 ドイツ観念論の研究でプリンストン神学校より博士号を取得。卒業後、プリンストン神学校で専任講師を務める。
  • 1929年 ウェストミンスター神学校で、弁証学の主任教授として50年間教職の要請に当たった。
  • 1939年 正統長老教会牧師召天まで務める。
  • 1972年 ウェストミンスター神学校を引退した。

神学[編集]

プリンストン神学の後継者。弁証学の再構成と自由主義神学(リベラル)の批判において、福音主義神学の発展に貢献した。「前提主義(Presuppositionalism)」と呼ばれる新方法を提案した。

著書[編集]

  • ヴァン・ティルの「十戒」(松田一男いのちのことば社 ISBN 4264023815
  • 改革派キリスト教弁証論 : Van Tilの弁証論(聖恵授産所出版部)
  • 予定論と一般恩恵(聖恵授産所出版部)
  • 一般恩恵(Common Grace, 1947年)
  • The Defense of the faith(1955年)
  • A Christian Theory of Knowledge(1969年)

教え子[編集]

関連項目[編集]