ロバート・チャールズ・スプロール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロバート・チャールズ・スプロール
生誕 1939年2月13日(75歳)
職業 牧師神学者聖書学者
テンプレートを表示

ロバート・チャールズ・スプロール(Robert Charles Sproul、1939年2月13日 - )は、アメリカのカルヴァン主義の神学者、牧師

神学[編集]

聖書の無誤性の否定は真のキリスト教の拒否である [1]とする聖書の無誤性に関するシカゴ声明に署名し、また、これを解説した本を書いている。スプロールは60冊以上の福音派の本を出版した。

『何からの救いなのか』で救いとは神の怒りからの救いであるとし [2]ペラギウス主義自由主義神学(リベラリズム)に救いはない[3]、としている。

『非キリスト教思想入門』では、非キリスト教思想の世俗主義、悲観主義的実存主義、感傷的ヒューマニズム、プラグマティズム、多元主義と相対主義、快楽主義を分析し、クリスチャンの役割について解説している。

脚注[編集]

  1. ^ 『福音主義キリスト教と福音派』p.253
  2. ^ p.26
  3. ^ p.56

著書[編集]

参考文献[編集]

  • 『福音主義キリスト教と福音派』宇田進 いのちのことば社

外部リンク[編集]