プリンストン神学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プリンストン神学校(プリンストンしんがっこう、Princeton Theological Seminary)は、アメリカ合衆国ニュージャージー州プリンストンにある長老派教会の神学校。1812年の創立,14000人の卒業生を送り出している。プリンストン大学が近くにあるが、現在は互いに独立した機関である。起源においてはプリンストン大学もプロテスタント長老派にさかのぼり、神学校と創立の起源を同じくしている。また現在においても図書館などの施設の相互利用協定や一部の単位の相互認定および特定の学位においては単位交換が認められている。

歴史[編集]

  • 1812年 3人の生徒とアーチボウルド・アレキサンダー博士により創立される。
  • 1815年 アレキサンダーホールが設立される。
  • 1827年 校舎が設立される。
  • 1913年 校舎が焼失する。
  • 1926年 校舎が再建される。
  • 1997年 バルト研究センターが設立される。

卒業生[編集]

執筆の途中です この項目「プリンストン神学校」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。