限定的贖罪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

限定的贖罪(げんていてきしょくざい、Limited atonement、definite atonement、particular redemption)は、イエス・キリスト十字架の贖いの死は、救いに選ばれた者のためだけであり、すべての人のためではないという教理。特にカルヴァン主義神学を明らかにしたドルト信仰基準の5特質(頭文字をとりTULIP)の一つ。この教理はアルミニウス主義の不特定の贖罪と対立する。

聖書[編集]

聖書箇所はヨハ10:15、エペ5:25である。[1]

父による選び[編集]

絶対者がすべての人を愛されるとは、神が特定の選民をすべて愛されるという意味であり、他の人は神の特別の愛が与えられず、一般恩寵しか受けない。[2]

キリストの贖い[編集]

キリストの十字架はすべての人を贖われたのではなく、選ばれた者だけを確実に贖われた。キリストの贖いは完全であり、すべての人を贖われたのであれば、万人が救済されてしまうが、滅びる者らがいる。[3][4]

聖霊の内住[編集]

第二コリ5:14-15の「すべて」の語もすべての選ばれた者の意味である。神は特定の人のみを愛され、特定の人のためにのみキリストは死に、特定の人は神から聖霊を送られ、聖霊によって罪に対して死ぬことが出来る。[5]

すべての人に対して[編集]

ローレン・ベットナーはキリストの十字架により、滅ぼされる人を含めて、すべての人が何らかの恩恵を受けることを否定していない。[6]

アルミニウス主義[編集]

アルミニウス主義は限定的贖罪を否定する。

脚注[編集]

  1. ^ パーマー p.70-72
  2. ^ パーマーp.73-78
  3. ^ パーマー p.78-82
  4. ^ ベットナー『カルヴィン主義予定論』p.167-171
  5. ^ パーマー p.82-86
  6. ^ ベットナー、予定論p.172-173

参考文献[編集]