チャールズ・ホッジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャールズ・ホッジ

チャールズ・ホッジ(Charles Hodge、1797年12月27日 - 1878年6月19日)は、アメリカにおける、福音的なカルヴァン神学を代表する、「古プリンストン神学」形成の中心的神学者。近代アメリカ福音主義神学の発展に大きな影響を与えた。また、Princeton Theological Reviewの編集者を務めた。

経歴[編集]

著書[編集]

  • 『カトリックとは何ぞや:ロマ・カトリック教と聖書的基督教』 聖書図書刊行会訳 新教出版社発売 1954
  • Systematic Theology,3 Vols,1871-72
  • Ephesians,1856
  • Romans,1836
  • The way of Life,1841[1]
  • The Church and Its Polity,1879

脚注[編集]

  1. ^ 沢山保羅が米国留学時代にイリノイ州のエバンストンのパッカード牧師と聖書研究をしたテキスト。『沢山保羅』p.84

参考文献[編集]

  • 宇田進『新キリスト教辞典』いのちのことば社、1991年

外部リンク[編集]