プリンストン神学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プリンストン神学(プリンストンしんがく、The Princeton theology)とは、プリンストン神学校で展開された、伝統的で保守的な改革派教会長老派教会の神学である。現在のプリンストン神学校はリベラルであるため、これと区別して古プリンストン神学旧プリンストン学派とも呼ばれる。

先駆者[編集]

プリンストン神学者[編集]

後継者[編集]

メイチェンらはプリンストン神学校のリベラル化に抗議して、新しくウェストミンスター神学校を設立した。

参考[編集]

  • 『福音主義キリスト教と福音派』宇田進 いのちのことば社
  • W. Andrew Hoffecker, Piety and the Princeton Theologians (Nutley: Presbyterian and Reformed, 1981), v.
  • Mark A. Noll, The Princeton Theology 1812 – 1921 (Grand Rapids: Baker Academic, 2001), 13.

外部リンク[編集]

執筆の途中です この項目「プリンストン神学」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。