ゲオルギオス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゲオルギオス
Γεώργιος
男性
地域 ギリシア語圏
起源 ゲオルギオス(ギリシア語
派生
テンプレートを表示

ゲオルギオスΓεώργιοςGeorgios)は、ギリシャ語の人名。原義は「大地で働く人」、即ち「農夫」を意味する。

キリスト教聖人ゲオルギオス」から、キリスト教圏の人名として良く使われるようになった。英語ジョージ、イタリア語ジョルジョ、フランス語のジョルジュ、ドイツ語のゲオルクユルゲン、ハンガリー語ジェルジ、ロシア語ゲオルギーユーリイである。また、「グルジア」の国名の語源にもなっている。

中世以降のギリシャ語では、「イェオルイオス」に近い発音になっている。また、現代ギリシャでは短縮形の「ヨルゴス」も用いられる。

聖堂名