グリベネス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グリベネス入りのチキンサラダサンドイッチ

グリベネスgribenesイディッシュ語:גריבענעס)とは、ニワトリガチョウの皮をタマネギと共に揚げて作られる油かすで、シュマルツを抽出する際の副産物である[1][2][3]、。グリーヴェンgrieven)とも。かつてはアシュケナジムの好物とされ[2][3]ユダヤ人物語寓話にも引き合いに出されることの多いカシュルート食品である。

ハレの食事[編集]

ハヌカーローシュ・ハッシャーナーといったユダヤ教祭日との結び付きが強く[2][3]、伝統的にはハヌカーの際、ジャガイモクーゲルラトケスと共に供されていた[3][4]。また、料理に大量のシュマルツが古くから用いられていた過越とも関係が深い[2][5]

利用法[編集]

をふってライ麦パンパンパーニッケルに乗せたり[6] 、チョップト・レバー英語版に入れる[7][5]など、軽食に用いられることが多い。また、ライ麦パンにはさんだパストラミホットドッグの副菜や、夜食オードブルとしても供される[7][8][9][2][8]ルイジアナ州のユダヤ人の中には、非カシュルート食品であるエビの代わりにジャンバラヤに入れる者もいる[2]。おやつとしてハッラーにのせて子供に与えることもあった[3]

脚注[編集]

  1. ^ Claudia Roden, The Book of Jewish Food, Penguin Books, 1999, p. 56
  2. ^ a b c d e f Gil Marks, Encyclopedia of Jewish Food, p. 239 (John Wiley and Sons, 2010). ISBN 978-0-470-39130-3.  Found at Google Books.  Accessed January 4, 2011.
  3. ^ a b c d e Esther Rosenblum Cohen, "Chicken Fat," Jewish Magazine, August 2007.  Found at Jewish magazine online. Accessed January 4, 2011.
  4. ^ Miriam Rubin, "This kugel is about NOT using your noodles," Pittsburgh Post-Gazette, November 22, 2010.  Found at Pittsburgh Post-Gazette website.  Accessed January 4, 2011.
  5. ^ a b Karen Miltner, Blog, "What's on My Plate: Miscellaneous Monday musings," Democrat and Chronicle, November 29, 2010.  Found at Democrat and Chronicle, online blogs section. Accessed January 4, 2011.
  6. ^ Amy Scattergood, "Chef recipes: A Recipe From the Chef: Ilan Hall's Gribenes Sandwich,"  'LA Weekly, December 23, 2009.  Found at LA Weekly website. Accessed January 4, 2011.
  7. ^ a b P Campbell, "Restaurant News, Updates: Pastrami, babka and schmaltz and gribenes," October 14, 2010. Found at Cincinnati.com website. Accessed January 4, 2011.
  8. ^ a b Frank Bruni, "Quit Kibitzing and Pass the Gribenes ", New York Times, February 13, 2008.  Found at New York Times website. Accessed January 4, 2011.
  9. ^ "Recipes: Charlie Klatskin's Gribenes,"  found at PBS website. Accessed January 4, 2011.

外部リンク[編集]