グッビオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グッビオ
Gubbio
グッビオの風景
行政
イタリア国旗 イタリア
Flag of Umbria.svg ウンブリア
Blank.png ペルージャ
CAP(郵便番号) 06024, 06020
市外局番 075
ISTATコード 054024
識別コード E256
分離集落 #行政区画参照
隣接コムーネ カーリ(PU)、 カンティアーノ(PU)、 コスタッチャーロフォッサート・ディ・ヴィーコグアルド・タディーノペルージャピエトラルンガスケッジャ・エ・パシェルーポシジッロウンベルティデヴァルファッブリカ
公式サイト リンク
人口
人口 32,402 [1](2012-01-01)
人口密度 61.7 人/km2
文化
住民の呼称 eugubini
守護聖人 Sant'Ubaldo
祝祭日 5月16日
地理
座標 北緯43度21分0秒 東経12度34分0秒 / 北緯43.35000度 東経12.56667度 / 43.35000; 12.56667座標: 北緯43度21分0秒 東経12度34分0秒 / 北緯43.35000度 東経12.56667度 / 43.35000; 12.56667
標高 522 (244 - 1020)[2] m
面積 525.08 [3] km2
グッビオの位置(イタリア内)
グッビオ
グッビオの位置
ペルージャ県におけるコムーネの領域
ペルージャ県におけるコムーネの領域
Flag of Italy.svg ポータル イタリア
テンプレートを表示

グッビオイタリア語: Gubbio)は、イタリア共和国ウンブリア州ペルージャ県にある、人口約3万2000人の基礎自治体コムーネ)。

概要[編集]

中生代末の大量絶滅に関し、1977年にこの地域近傍で見られる「魚粘土」と呼ばれる地層の中から高濃度のイリジウムを含む粘土層(K-T境界)がウォルター・アルヴァレスにより発見され、隕石落下を原因とする仮説が提唱されるきっかけとなったことでも知られる。経緯およびこの説の詳細については、K-T境界およびチクシュルーブ・クレーターの項を参照されたい。

小惑星(4860)のグッビオは、この都市に因んで命名された。

行政[編集]

行政区画[編集]

グッビオには、以下の分離集落(フラツィオーネ)がある。

  • Mocaiana, Monteleto, Branca, Torre Calzolari, Spada, Padule, San Marco, Colpalombo, Carbonesca, Biscina, Belvedere, Scritto, Ponte D'assi, Cipolleto, Ferratelle, Semonte, Casamorcia, Raggio, Monteluiano, San Martino in Colle, Loreto, Camporeggiano, Burano, Colonnata.

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]