サロン=ド=プロヴァンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Salon-de-Provence
Blason de la ville de Salon-de-Provence (13).svg
サロン=ド=プロヴァンスの町並み
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏
(département) ブーシュ=デュ=ローヌ県
(arrondissement) エクス=アン=プロヴァンス郡
小郡 (canton) サロン=ド=プロヴァンス小郡
(小郡庁所在地)
INSEEコード 13103
郵便番号 13300
市長任期 ミシェル・トノン
2008年-2014年
人口動態
人口 40147人
2006年
人口密度 571人/km²
地理
座標 北緯43度22分57秒 東経5度03分18秒 / 北緯43.3826度 東経5.0550度 / 43.3826; 5.0550座標: 北緯43度22分57秒 東経5度03分18秒 / 北緯43.3826度 東経5.0550度 / 43.3826; 5.0550
標高 最低:1115 m
最高:2680 m
面積 70.30km²
Salon-de-Provenceの位置
Salon-de-Provence
テンプレートを表示

サロン=ド=プロヴァンス(Salon-de-Provence)はアヴィニョンから約50km、エクス=アン=プロヴァンスから約30kmのところにあるブーシュ=デュ=ローヌ県の都市クロー平野に位置する。

この町には空軍士官学校を含むサロン=ド=プロヴァンス空軍基地(w:Salon-de-Provence_Air_Base)がある。

歴史[編集]

街は、アドリア海地中海大西洋と続く塩の道の中間点という好位置にあったガロ・ローマ文化オッピドゥムであった。この地域は、紀元前6世紀よりポカイアの影響下にあった。ローマの道であるウィラ・アウレリア(Via Aurelia)が街の近くまで延びていた。しかし現在の街に近い名前ウィラ・サロネ(Villa Salone)で最初に記述されるのは、9世紀であった。当時はアルルの大司教の支配下にあった。

今日では、街はノストラダムスがその生涯を閉じ、埋葬された場所として有名である。彼の住まいは博物館として維持されており、6月か7月のいずれか4日間、街はノストラダムスの生きた時代の歴史を祝い、観光客を惹きつけている。

旧市街は、17世紀に造られた時計門とブール・ヌフ門という名の2つの門をくぐった環状壁の内側にある。16世紀に、アダン・ド・クラポンヌが建設した灌漑用のクラポンヌ運河は、安価な積荷による商取引もこの街にもたらし、街は繁栄した。

産業[編集]

伝統的にオリーブ作りが行われており、現在でもオリーブオイル作りやマルセイユ石鹸の製造が行われている。

観光[編集]

その他[編集]

サロンのノストラダムスを描いた壁画
  • フランスの医師・占星術師ノストラダムスが晩年を過ごした町であり、彼の遺体が安置されている。また、ミシェル・ショマラによって研究者向けに「ノストラダムス・センター(Centre Nostradamus)」が開設されている。

姉妹都市[編集]

外部リンク[編集]