クリエイティブ・クラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クリエイティブ・クラスとは経済学者社会科学者であるリチャード・フロリダ (トロント大学 Rotman School of ManagementのMartin Prosperity Institute 所長) によってアメリカ脱工業化した都市における経済成長の鍵となる推進力と認識された社会経済学上の階級である。

概説[編集]

フロリダはクリエイティブ・クラスが4000万人の労働者 (アメリカの労働力の3割) によって構成されているとし、アメリカの職業分類体系 (w:Standard Occupational Classification System) に基づき2つの大きなグループに分けた。

  • Super-Creative Core: このグループはアメリカの職全体の約12%からなる。多くの職業を含み (例: 科学工学教育コンピュータ・プログラミング・研究)、また芸術・デザイン・メディア労働者による部分集合が形成される。これらの職業は「完全に創造的過程によるものである」[1]ため、このグループに属するとフロリダは考える。Super-Creative Coreは商品や消費財を創造し、革新的とみなされる。このグループに属する者の仕事上の主要な役目は創造的かつ革新的であることである。問題解決のさなかに問題を発見することのある仕事でもある[2]
  • Creative Professionals: この職業は古典的な知識労働であり、健康管理業や商業金融業、法律部門、教育が含まれる。特定の問題を解決するため、高度な教育を使い複雑な知識体系に頼る。 [3]

これら2つの主要グループに加え、通例さらに極小なボヘミアンの集合もクリエイティブ・クラスに含まれる。

フロリダはクリエイティブ・クラスが経済成長の主力となり、向こう10年で1000万以上の職によって発展すると結論付けている。

脚注[編集]

  1. ^ “fully engage in the creative process”2002, p. 69
  2. ^ “Along with problem solving, their work may entail problem finding” Florida, 2002, p. 69
  3. ^ “draw on complex bodies of knowledge to solve specific problems” Florida, 2002)

参考文献[編集]

  • On the Poverty of Experts: Between Academization and Deprofessionalization. Hartmann, Heinz, Hartmann, Marianne. 1982, vol 34, iss 2, pg 193
  • Florida, R. (2002). The Rise of the Creative Class: And How it’s transforming work, leisure, community and everyday life. New York: Perseus Book Group
  • Fussell, Paul. Class, especially chapter titled "Class X". 1983.
  • Hoyman, Michele and Christopher Faricy. 2009. "It Takes a Village: A Test of the Creative Class, Social Capital and Human Capital Theories", Urban Affairs Review, 44:311-333.
  • Long, Joshua. 2010. Weird City: Sense of Place and Creative Resistance in Austin, Texas. University of Texas Press.
  • Markusen, A. 2006. Urban development and the politics of the creative class: Evidence from the study of artists. Environment and Planning A, 38 (1): 1921-1940.
  • Montgomery, J. (2005). Beware ‘the Creative Class’. Creativity and Wealth Creation Revisited. Local Economy, Vol. 20, No. 4, 337–343, November 2005
  • Peck, J. 2005. Struggling with the creative class. International Journal of Urban and Regional Research 29 (4): 740-770.
  • Ray, Paul H. and Sherry Ruth Anderson. The Cultural Creative. New York: Three Rivers Press, 2000
  • Rindermann, Heiner, Michael Sailer and James Thompson, 2009. The impact of smart fractions, cognitive ability of politicians and average competence of peoples on social development. Talent Development and Excellence 1 (1): 3-25.
  • Scott, Allen J. “Creative Cities: Conceptual Issues and Policy Questions,” Journal of Urban Affairs, 28, 2006, 1–17.

ウェブ上の参考文献[編集]

  • Cleveland, Harlan. “After Affluence, What?”. October 1977. Aspen Instit Humanistic Studies November 3, 2005. [1]
  • Saenz, Tara Keniry. “Portraits of U.S. High-Technology Metros: Income Stratification of Occupational Groups from 1980-2000”. March 2005. U Texas, Austin November 31, 2005. [2]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]