チャタリング・クラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

チャタリング・クラス (chattering classes[1]) とは、通例評論家や政治コメンテーターが用いる軽蔑語[2]である。政治的に活発で、社会的な懸念を持ち、高度に教養のある「都市部の中流階級[2]、特に政治家やメディア、学者などに人脈のある層を指す語として使われる。時に自由主義的なエリートをさす語として使われるが、1980年にイギリスの右翼論争家であるフランク・ジョンソン (Frank Johnson) によって初めて使われた時には、より広範囲の評論家を含めていた[2]。実際、政治にかかわっている多くの人々が、この語を自分自身を社会一般通念の評定者とみなしているジャーナリストや政治的専門家をさすものとして使っている[3] 。このように、「チャタリング・クラス」の概念は、それ以前にあった概念である代弁者のないサイレント・マジョリティ(共和党のリチャード・ニクソン大統領によって有名となった語)の対義語とみなせる。

アメリカでは、右翼にも左翼にも政敵を説明する語として使われるようになった。Merriam-Webster dictionaryのStephen Perraultはこの語について、「『chatter』という名詞には怠惰で無益な会話という含意があり、(中略)これらの人々が大したことがなく、独りよがりの弁論を好む者たち」という意味になると指摘している[4]

脚注[編集]

  1. ^ 日本語に直訳すれば「おしゃべり階級」のような意味になる
  2. ^ a b c Chattering Classes, 2006 オックスフォード英語辞典
  3. ^ たとえば Walter Gretzky's honour, The Globe and Mail, December 29, 2007, p. A20
  4. ^ Kornblut, Anne E. The Peculiar Power of the Chattering Class, New York Times. April 2, 2006. Retrieved 2008-06-28.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]