カモハクチョウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カモハクチョウ
Coscoroba coscoroba1.jpg
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: カモ目 Anseriformes
: カモ科 Anatidae
亜科 : ガン亜科 Anserinae
: カモハクチョウ属 Coscoroba
Reichenbach1853
: カモハクチョウ C. coscoroba
学名
Coscoroba coscoroba (Molina1782)
英名
Coscoroba swan

カモハクチョウ Coscoroba coscorobaカモ科に分類される鳥の一種。本種のみでカモハクチョウ属を構成する。

分布[編集]

アルゼンチンウルグアイチリパラグアイブラジル[1]

春季にアルゼンチン南部やチリ南部で繁殖し、冬季になるとアルゼンチン北部、ウルグアイ、ブラジル南部、パラグアイなどへ北上し越冬する[2]

形態[編集]

翼長42.7-48センチメートル[2]。眼先は皮膚が裸出しない[2]。尾羽は短く丸みを帯びる[2]。全身の羽衣は白い[2]。翼は短く幅広い[2]。外側初列風切の先端は黒い[2]

嘴は幅広く、色彩は赤い[2]。趾の間には水かきが発達する[2]。後肢の色彩はピンク色[2]

雛の綿羽は白く、灰褐色の斑紋が入る[2]。オスの成鳥は虹彩が赤や黄色で、幼鳥やメスの成鳥は虹彩が暗褐色[2]

生態[編集]

湖沼に生息する[2]。非繁殖地では200-300羽に達する大規模な群れを形成することもある[2]

食性は植物食傾向の強い雑食で、主に水生植物や種子を食べるが昆虫甲殻類なども食べる[2]。水辺や浅瀬を徘徊し、採食を行う[2]

繁殖形態は卵生。浅瀬にヨシなどを積み重ねた巣を作り、4-7個(平均6個)の卵を産む[2]。抱卵期間は約35日[2]

人間との関係[編集]

日本では1974年京都市動物園が初めて飼育下繁殖に成功した[2]

画像[編集]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b BirdLife International (2012年), Coscoroba coscoroba, IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3. (International Union for Conservation of Nature), http://www.iucnredlist.org/details/22679866 
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 黒田長久、森岡弘之監修 『世界の動物 分類と飼育 (ガンカモ目)』、財団法人東京動物園協会、1980年、23、114-118頁。