フアン・イグナシオ・モリーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
AbateMolina.JPG

フアン・イグナシオ・モリーナJuan Ignacio Molina1740年6月24日 - 1829年9月12日)は、チリイエズス会司祭博物学者歴史家植物学者鳥類学者哺乳類学者、そして地理学者である。

アバーテ・モリーナ、モリーナ司祭(Abate Molina)と呼ばれることも多く、イタリアではジオバニ・イグナツィオ・モリーナ(Giovanni Ignazio Molina)としても知られている。

経歴[編集]

モリーナは、アグスティン・モリーナとフランシスカ・ゴンサレス・ブルーナ夫妻の間に、マウレ州リナレス県の都市ビジャ・アレグレ近郊の大農園で生まれた。

マウレ州の州都タルカで教育を受けた後、ビオビオ州の州都コンセプシオンのイエズス会学校で学んだ。1768年にイエズス会が追放されると、モリーナもチリから亡命を余儀なくされ、イタリアに落ち着くとボローニャ大学ギリシア語講師の職を得た。1782年に発表された「Saggio sulla Storia Naturale del Chili(チリの自然史について初めての解説)」や、多くのについて科学的な著作の功績によって、最終的に1803年に自然科学の教授となった。


外部リンク[編集]