オマル・ムフタール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オマル・アル=ムフタール
Omar al-Mukhtar
Omar Mukhtar 13.jpg
通称: 砂漠のライオン
生年: 1858年8月20日
生地: Flag of the Ottoman Empire.svg オスマン帝国 キレナイカベンガジ
没年: 1931年9月16日(満73歳没)
没地: イタリア王国の旗 イタリア領リビア キレナイカ、ベンガジ
思想: イスラーム神秘主義
活動: 抗伊運動ゲリラ
所属: サヌーシー教団
信教: イスラム教

オマル・アル=ムフタールアラビア語: عمر المختار‎、Omar al-Mukhtar,Omar Al Mokhtar、1862年 - 1931年9月16日)は、リビアにおいて独立の父とされる人物。名前は「オマー・ムクター」とも表記される。

リビアにおいては独立の父として尊敬され、リビアの紙幣10ディナール札の人物になっている。

経歴[編集]

ベンガジ近郊のジャンズールと呼ばれた小さな村で生まれ、サヌーシー教団イマーム(指導者)として、地元のイスラーム学校で聖典クルアーンを教えていた。イタリアによるリビア植民地支配に伴いレジスタンス運動のリーダーとなり、キレナイカ地方の地の利を利用し、20年以上抵抗を続ける。

1911年イタリアのリビア支配が始まり、1930年頃には、ファシスト党を率いる独裁者ムッソリーニ政権下のイタリアによる西部トリポリタニアの支配が完了した。

そのイタリア軍に抵抗し続けたのが、ベンガジ出身でサヌーシー教団のオマル・ムフタール率いるゲリラ軍だった。オマル・ムフタールは、山がちなキレナイカ地方の地形を利用してイタリア軍を翻弄した。

しかし、抵抗運動に手を焼いたムッソリーニ政権は、リビア人の抗伊運動を鎮圧するため、後に容赦の無い苛烈な統治を行ったことにより「リビアの屠殺屋」と渾名されることになるロドルフォ・グラツィアーニ将軍を派遣した。グラッツィアーニ将軍指揮下のイタリア軍は、ゲリラ軍の有力な支援母体であったリビア国内にいるアラブ遊牧民であるベドウィンのゲリラ軍に対する援助を断ち切るため、リビア砂漠中に強制収容所を建設し、ベドウィン達を強制的に隔離した。さらに、支援国のエジプトやベドウィンが隔離された収容所からの支援を断ち切るため、リビア‐エジプト国境や収容所の周囲に延々と鉄条網を設置する。オマル・ムフタール率いるゲリラ軍は、エジプトからの兵器・物資の調達を妨げられて徐々に追い詰められ、1931年にイタリア軍に捕らえられた。オマル・ムフタールは、捕らえられたその月のうちの9月16日に民衆の目前で絞首刑にされた。

登場作品[編集]