オズヴァルト・ヘール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オズヴァルト・ヘール
Oswald Heer
人物情報
生誕 1809年8月31日
スイスの旗 スイス ザンクト・ガレン州
死没 1883年9月27日(満74歳没)
学問
研究分野 地質学博物学
研究機関 チューリッヒ大学
主な業績 ウォラストン・メダル(1874年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

オズヴァルト・ヘール(Oswald Heer、1809年8月31日 - 1883年9月27日)はスイス地質学者博物学者である。

ザンクト・ガレン州の Niederuzwil に生まれた。ハレ神学を学び、教職者の資格を得ると共に自然科学医学の資格も得ていた。昆虫学について興味を持ち、植物学を学び、特に中新世植物などの研究から古植物学の先駆者となった。

1851年にチューリッヒ大学の植物学の教授となり、スイスの第三紀の植物や昆虫の研究に専念した。チューリッヒ植物園の所長を務め、1863年にイギリスデヴォン州Bovey Tracey褐炭鉱脈の植物化石を研究し、中新世の時代のものと分類した(現在は始新世のものとされている)。ヤペトゥス・ステーンストロップ (Japetus Steenstrup) が北西グリーンランドからもたらした極地の中新世の化石植物や、チューリッヒ湖デュルンテン (Dürnten) の更新世褐炭などの研究を行った。

1874年にロンドン地質学会から、ウォラストン・メダルを受賞した。


関連項目[編集]