オカ川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オカ川
オカ川 2007年12月9日撮影
ニジニ・ノヴゴロド市街
水系 ヴォルガ川
延長 1,500 km
水源の標高 -- m
平均流量 1,300 /s
流域面積 245,000 km²
河口・合流先 ヴォルガ川
流域 ロシア
テンプレートを表示
オカ川流域

オカ川ロシア語: Ока́アカー)は、ロシア西部を流れる河川で、ヴォルガ川最大の支流である。ロシア連邦のオリョール州トゥーラ州カルーガ州モスクワ州リャザン州ヴラジーミル州ニジニ・ノヴゴロド州を流れ、ニジニ・ノヴゴロドでヴォルガ川に合流する。長さは1,500km余り。

河川名[編集]

川の名は、スラヴ人が東方へ勢力を拡大する以前の11世紀頃までオカ川流域に住んでいたフィン・ウゴル語派の民族、メシュチョラ人Meshchera)がつけた名に由来する。オカとは彼らの言葉で「川」を意味した。(同じくフィン・ウゴル語派のフィンランド語では、川は「joki」という。)

流域[編集]

かつて、オカ川のタルーサより上流には上オカ公国群ベリョーフノヴォシーリ及びオドーエフヴォロティンスクマサルスクズヴェニゴロドカラチェフコゼルスクペレムィシリタルーサ及びメシチョフスクボリャチノオボレンスク)が乱立しリトアニア大公国の支配下にあった。ロシア有数の街、ニジニ・ノヴゴロドはオカ川とヴォルガ川の合流点を守る為に建設された。またロシアの首都モスクワは、オカ川の支流、モスクワ川に面している。

支流[編集]

流域の都市[編集]