プーシチノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯54度50分 東経37度37分 / 北緯54.833度 東経37.617度 / 54.833; 37.617

プーシチノの紋章

プーシチノロシア語: Пу́щино, 英語: Pushchino)はロシアモスクワ州にある都市。首都モスクワからは南へ120kmで、オカ川の右岸に建ち、対岸はプリオクスコ=テラスニイ自然生態系保護区になっている。人口は19,964人(2002年国勢調査)。

週末にはオカ川へモスクワから休暇に訪れる人も多く、周囲には退職して年金生活を送る人々の家も点在する。空気も澄み治安も良いため、この地に家を建てる人も多い。

研究所[編集]

プーシチノは微生物学分子生物学生物物理学などの研究に特化した学術都市(科学都市、ナウコグラード、нау́когра́д, Naukograd)であり、以下のような研究所がある。

歴史[編集]

オカ川沿いにある邸宅の跡地

プーシチノは16世紀以来の歴史があり、1500年ごろにプーシチン家に褒章として所領が与えられて以来、プーシチン家の土地であった。

1956年ソビエト科学アカデミーは科学研究都市の建設用地にプーシチノを選び、1964年には電波天文台が成立した。1966年に市となった。

外部リンク[編集]