エリーザベト・フォン・ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エリーザベトと夫のヨハン・アルブレヒト

エリーザベト・フォン・ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハElisabeth von Sachsen-Weimar-Eisenach, 1854年2月28日 ヴァイマル - 1908年7月10日 ヴィリガルト城、リュブシュトーフ郊外)は、ドイツテューリンゲン地方のザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ大公家の公女で、メクレンブルクヨハン・アルブレヒトの最初の妻。全名はエリーザベト・ジビュレ・マリア・ドロテア・アンナ・アマーリエ・ルイーゼElisabeth Sibylle Maria Dorothea Anna Amalie Luise von Sachsen-Weimar-Eisenach)。

ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ大公カール・アレクサンダーとその妻でオランダウィレム2世の娘であるソフィーの間の第4子、三女として生まれた[1]。1886年11月6日にヴァイマルにおいて、メクレンブルク=シュヴェリーン大公フリードリヒ・フランツ2世の四男であるヨハン・アルブレヒト公と結婚したが、間に子供は無かった。1908年に夫に先立って亡くなると、ヨハン・アルブレヒトは翌1909年にシュトルベルク=ロスラ家の侯女エリーザベト(1885年 - 1969年)と再婚している。

1890年に幼い従妹のウィルヘルミナがオランダ女王に即位した後は、兄姉や甥たちとともに潜在的なオランダ王位継承候補となった。ウィルヘルミナ女王は1901年、エリーザベトの夫の異母弟ハインリヒ公と結婚している。1909年にオランダ女王夫妻の一人娘ユリアナ王女が誕生すると、ザクセン大公家の人々がオランダ王位に就く可能性はまず無くなった。

脚注[編集]