ソフィー・ファン・オラニエ=ナッサウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Sophie Netherlands.JPG

ソフィー・ファン・オラニエ=ナッサウ(Sophie van Oranje-Nassau, 1824年4月8日 - 1897年3月23日)は、オランダの王族。全名はウィルヘルミナ・マリー・ソフィー・ルイーゼWilhelmina Marie Sophie Louise)。オランダ王ウィレム2世の長女で、ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ大公カール・アレクサンダーの妃となった。ドイツ名はゾフィー・フォン・オラーニエン=ナッサウ(Sophie von Oranien-Nassau)。

ソフィーは1824年4月8日オラニエ公ウィレム(後のオランダ王ウィレム2世)とその妃であったロシア皇帝パーヴェル1世の皇女アンナの間に第5子としてハーグで生まれ、スーストダイク宮殿ユトレヒト州バールン)で育てられた。

夫となるカール・アレクサンダーとは、ソフィーが病の治療のために母とともに訪れたヴァイマルで初めて会った。その後彼がオランダに旅行していたときに再会して恋に落ち、2人は1842年10月2日にハーグのクネウテルディク宮殿Paleis Kneuterdijkハーグ)で結婚した。1853年にカール・アウグストが父の死去によって即位するとソフィーは大公妃となった。

1892年10月、ソフィーとカール・アレクサンダーは金婚式を記念して盛大な祝宴を開いた。このときオランダから王太后エンマとともに列席した女王ウィルヘルミナは、後に王配となるメクレンブルク=シュヴェリーン大公子ハインリヒ(オランダ語名ヘンドリック)と初めて会っている。

1897年3月23日、ソフィーはヴァイマルで死去した。1924年10月8日には彼女の生誕100年を記念する式典が孫(ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ大公ヴィルヘルム・エルンスト)と娘(ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ大公女マリー)によって催された。

ウィルヘルミナは弟も妹もおらず、当時未婚であったため、叔母のソフィーは没するまで王位継承権第1位であり、ソフィーが没した後は1909年ユリアナが生まれるまでヴィルヘルム・エルンストがオランダ王位継承権第1位であった。ただし、オランダ憲法はオランダ王がルクセンブルク大公以外の君主位を兼ねることを認めていなかったので、もしウィルヘルミナが嗣子なく没した場合、彼はザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ大公位とオランダ王位のどちらかを選ぶ必要があった。

子女[編集]