エモマリ・ラフモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エモマリ・ラフモン
Эмомалӣ Раҳмон
Emomali Rahmonov 2001Nov03.jpg

任期 1994年11月16日

出生 1952年10月5日(61歳)
クリャーブ州ダンガル地区ダンガル市
政党 タジキスタン人民民主党

エモマリ・ラフモンタジク語Эмомалӣ Раҳмонラテン文字Emomalī Rahmonロシア語Эмомали Шарипович Рахмонов(ラテン文字:Emomali Sharipovich Rakhmonov1952年10月5日 - )は、タジキスタン共和国政治家。同国大統領1994年11月16日 - )。タジキスタン人民民主党党首

エマムアリ・ラフモンとも表記される[1]

経歴[編集]

1952年10月5日クリャーブ州ダンガル地区ダンガル市出身。(今日のハトロン州クリャーブ市)。1971年クルガン・テッパ市のバター工場の電気技師として働く。1971年から1974年まで、ソビエト連邦軍に勤務。除隊後の1975年バター工場に戻る。1976年から1988年、クリャーブ州ダンガル地区のコルホーズの管理部書記労働組合議長を務め、後にタジクスタン共産党で働いた。1982年タジク国立大学経済学部卒業。1988年6月から1992年までダンガル地区のソフホーズの議長。1992年12月、クリャーブ州人民代議員会議執行委員会議長に選出。1990年から1995年までタジキスタン共和国最高会議議員

タジキスタン内戦中に、クリャーブ地方の政治勢力を背景に台頭し、1993年11月19日、第12期タジキスタン共和国最高会議において、最高会議議長に選出。1994年11月6日、タジキスタン共和国大統領に選出され、同年11月16日に就任した。1997年6月27日内戦当事者であるタジク野党連合(UTO)のサイイド・アブドゥッラー・ヌーリーイスラム復興党指導者)と和平協定に調印し、タジキスタン内戦を終結させた。

1999年11月7日憲法修正に伴い、7年の任期で大統領に再選。 2003年6月22日憲法改正により、2020年までの大統領任期の延長を可能にした。 2006年11月6日の大統領選挙で3選を果たした[2]

2007年4月14日、自らのからロシア語風の接尾辞を取り、エモマリ・ラフモノフ[3]から、タジク語風のエモマリ・ラフモン改名した[4][5]

政権初期には、大臣ポストをUTOに割り当てるなど、反対派勢力に一定の配慮を行っていたが、徐々に権威主義的な傾向を強めているとされる。反対派は、同大統領が独立系メディアに圧力を加え、反対派リーダーを投獄したと批判している。

人物[編集]

タジク人。妻帯者であり、9子を有する。娘のオゾダ・ラフモン(オゾダ・エモマリ)は、2009年9月から外務次官。

脚注[編集]

外部リンク[編集]