クルガン・テッパ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Qurghonteppa
Қурғонтеппа
Qurghonteppa.jpg
郊外の破壊された橋
座標 : 北緯37度50分11秒 東経68度46分49秒 / 北緯37.83639度 東経68.78028度 / 37.83639; 68.78028
人口
人口 (2006年現在)
  市域 85000人
その他
郵便番号

クルガン・テッパ(Qurghonteppa又はKurganteppaタジク語: Қурғонтеппа)は、タジキスタン共和国の南西部の都市。ハトロン州の州都。人口は85000人(2006年)で、同国で3位である。人口はロシアへの出稼ぎをするタジク人が多いため季節によって大きく変わる。かつては、クルガン・テュベ(ロシア語:Курган-Тюбе)やクルガン・テペペルシア語:قرغان‌تپه)と呼ばれた。首都のドゥシャンベから100km。

歴史[編集]

ソ連時代、開拓のための運河の造成・灌漑事業で、多くの労働者が流れ込んでできた町。そのため民族構成も、タジク人ウズベク人ロシア人タタール人ウクライナ人カザフ人ギリシア人など多岐にわたる。かつてはこうして出来た開墾地に多くのロシア人がいたが、1992年から1997年タジキスタン内戦で85%のロシア人が去った。内戦ではこれら入植した人々が反政府勢力となったため、最大の激戦地の1つとなり、クルガン・テッパに深刻な打撃を与えた。現在もタジキスタンの反政府勢力の最大の地盤である。

市の経済はwhite goldと呼ばれる良質の綿花に依存しているが、2000年以降はロシアへの出稼ぎも極めて大きい。