エマニュエル・ベアール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エマニュエル・ベアール
Emmanuelle Béart
エマニュエル・ベアールEmmanuelle Béart
ドーヴィルにて (2010年
本名 Emmanuelle Béhart-Hasson
生年月日 1963年8月14日(50歳)
出生地 サントロペ
国籍 フランスの旗 フランス
配偶者 ダニエル・オートゥイユ1993年 - 1995年)
ミカエル・コアン (2008年 -)
家族 父:ギイ・ベアール(歌手)
母:ジュヌヴィエーヴ・ガレア(モデル・女優)

エマニュエル・ベアールEmmanuelle Béart, 1963年8月14日 - )は、フランス女優

来歴[編集]

1963年8月14日サントロペで生まれたとされるが、1965年という説もある[1]。父親は歌手であり詩人のギイ・ベアールで[2]、日本でも有名な歌『河は呼んでいる』で知られる。母親はイギリス生まれでモデル女優だったジュヌヴィエーヴ・ガレア。自身はレバノン人、エジプト人、ユダヤ人イタリア人ギリシャ人の血を引く。ブロンドの髪、ブルーの目のイメージが強いが、本来の髪色はブルネットである。

1976年に映画『Demain les mômes』で女優としてデビュー。1986年の『愛と宿命の泉 PARTⅡ 泉のマノン』でセザール賞助演女優賞を受賞。翌1987年には『天使とデート』でハリウッドに進出した。1991年の『美しき諍い女』では4時間以上に渡る上映時間のほとんどをヌードで演じて話題になった。1995年 には『フランスの女』でモスクワ国際映画祭女優賞を受賞。翌1996年には『ミッション:インポッシブル』で9年ぶりにハリウッド映画に出演した。1999年の『見出された時-「失われた時を求めて」より-』ではカブール・ロマンチック映画祭で女優賞を受賞。2002年の『8人の女たち』で共演したカトリーヌ・ドヌーヴイザベル・ユペールらとともにベルリン国際映画祭芸術貢献賞ヨーロッパ映画賞女優賞を受賞した。

私生活[編集]

1993年に『優しく愛して』(1985年)や『愛を弾く女』(1992年)で共演した俳優のダニエル・オートゥイユと結婚し、同年に長女を出産するが、2年後の1995年に離婚。1996年には音楽プロデューサーとの間に長男をもうけた[3][4]2008年8月に俳優のミカエル・コアンと結婚している[4]

また、人権保護活動に熱心であり、1997年には移民の権利擁護のデモに参加して逮捕されたこともある。1996年から2006年までの10年間、ユニセフのフランス代表親善大使であった。

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1983 青い性 処女喪失
Premiers désirs
ヘレン
1984 Interdit アンテルディ/禁じられた愛
Un amour interdit
コンスタンス
1985 優しく愛して
L'amour en douce
サマンサ・ペイジ
1986 愛と宿命の泉 PARTⅡ 泉のマノン
Manon des sources
マノン セザール賞助演女優賞受賞
1987 天使とデート
Date with an Angel
エンジェル
1988 エレベーターを降りて左
À gauche en sortant de l'ascenseur
エヴァ
1989 無秩序な少女
Les enfants du désordre
マリー
1991 美しき諍い女
La Belle noiseuse
マリアンヌ
深夜カフェのピエール
J'embrasse pas
イングリッド
1992 愛を弾く女
Un coeur en hiver
カミーユ ヴェネツィア国際映画祭イタリア批評家賞受賞
1993 小悪魔とキッス
Rupture(s)
ルーシー
1994 愛の地獄
L'enfer
ネリー
1995 フランスの女
Une femme française
ジャンヌ モスクワ国際映画祭女優賞受賞
とまどい
Nelly & Monsieur Arnaud
ネリー
1996 ミッション:インポッシブル
Mission: Impossible
クレア・フェルプス
1998 ドン・ジュアン
Don Juan
エルヴィール
1999 見出された時-「失われた時を求めて」より-
Le temps retrouvé, d'après l'oeuvre de Marcel Proust
ジルベルト カブール・ロマンチック映画祭女優賞受賞
ブッシュ・ド・ノエル
La bûche
ソニア
2000 感傷的な運命
Les destinées sentimentales
ポーリン
2001 彼女たちの時間
La Répétition
ナタリー
2002 デブラ・ウィンガーを探して
Searching for Debra Winger
ドキュメンタリー
8人の女たち
8 femmes
ルイーズ ベルリン国際映画祭芸術貢献賞受賞
ヨーロッパ映画賞女優賞受賞
2003 Mの物語
Histoire de Marie et Julien
マリー
かげろう
Strayed
オディール
恍惚
Nathalie...
マルレーヌ
2005 三銃士 妖婦ミレディの陰謀
D'Artagnan et les trois mousquetaires
ミレディ・ウィンター
恋は足手まとい
Un fil à la patte
リュセット・ゴーチエ
美しき運命の傷痕
L'enfer
ソフィ
2006 ボディクライム 誘惑する女
A Crime
アリス・パーカー
輝ける女たち
Le Héros De La Famille
レア
2008 DISCO ディスコ
Disco
フランス
変態島
Vinyan
ジャンヌ
2010 Lovers Again/ラヴァーズ・アゲイン
Ça commence par la fin
ガブリエル
2011 嫉妬
Bye Bye Blondie
フランセス

脚注[編集]

  1. ^ BEART Emmanuelle”. Les gens du cinéma. 2010年9月11日閲覧。
  2. ^ Emmanuelle Beart Biography (1965–)”. Film Reference. 2009年5月11日閲覧。
  3. ^ Emmanuelle Beart”. Turner Classic Movies. 2010年1月16日閲覧。
  4. ^ a b Manon of the Spring”. SuperiorPics.com. 2010年6月19日閲覧。

外部リンク[編集]