変態島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
変態島
Vinyan
監督 ファブリス・ドゥ・ヴェルツ
脚本 ファブリス・ドゥ・ヴェルツ
デイヴィッド・グレイグ
オリヴァー・ブラックバーン
製作 ミカエル・ジェンティル
製作総指揮 ジェレミー・バーデク
ピーター・カールトン
ナディア・カームリチ
エイドリアン・ポリトヴスキ
出演者 エマニュエル・ベアール
ルーファス・シーウェル
音楽 フランソワ=ウード・シャンフロー
撮影 ブノワ・デビエ
編集 コリン・モニー
製作会社 The Film
uFilm
K2 SA
One Eyed
Pilchard Productions 他
配給 フランスの旗 Wild Bunch Distribution
公開 フランスの旗 2008年10月1日
上映時間 96分
製作国 フランスの旗 フランス
ベルギーの旗 ベルギー
イギリスの旗 イギリス
オーストラリアの旗 オーストラリア
言語 英語
タイ語
製作費 €4,400,000[1]
テンプレートを表示

変態島』(へんたいじま、原題: Vinyan)は、東南アジアを舞台にした2008年フランスベルギーイギリスオーストラリア合作のホラーサスペンス映画

日本劇場未公開だが、2009年12月9日にDVDが発売された。

原題の「Vinyan」はタイ語で「魂、成仏できない霊、幽霊」を意味する。

ストーリー[編集]

建築家のポールとその妻ジャンヌは、一人息子のジョシュアが半年前に津波で行方不明になり、生存が絶望視されている事実を受け入れることができず、そのままタイプーケットにとどまっていた。

ある日、ミャンマーの現状を伝える慈善活動の記録ビデオを観たジャンヌは、そこにジョシュアの姿を見つける。ポールは疑わしく思っていたが、ジャンヌの気持ちを察し、2人で現地に息子を捜しに行くことにする。ところが、なかなかジョシュアを見つけることができない苛立ちと、行く先々での様々な体験でジャンヌは徐々に精神を崩壊させていく。

キャスト[編集]

備考[編集]

  • 監督をはじめ、スタッフは2004年の映画『変態村』とほぼ同じである。
  • 邦題は『変態島』であるが映画の内容に「変態」と形容されるべき要素はない。

関連項目[編集]

参照[編集]

  1. ^ Vinyan (2008) - Box office / business” (英語). IMDb. 2012年10月10日閲覧。

外部リンク[編集]