エドゥアルド・ナープラヴニーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エドゥアルド・ナープラヴニーク
Eduard Francevič Nápravník
}
基本情報
出生 1839年8月24日
ボヘミア(現チェコの旗 チェコ)、ビーシチ
死没 1916年11月23日(満77歳没)
ロシアの旗 ロシアサンクトペテルブルク
職業 指揮者、作曲家

エドゥアルド・フランチェヴィチュ・ナープラヴニーク(またはナプラヴニクナプラーヴニクとも)(Eduard Francevič Nápravník, Эдуард Францевич НАПРАВНИК, 1839年8月24日 ボヘミア地方ビーシチBýšť) - 1916年11月23日)はチェコ人指揮者作曲家サンクトペテルブルクマリインスキー劇場で永年にわたって首席指揮者を務めたことにより有名。リムスキー=コルサコフキュイロシア人作曲家による多くのオペラを初演した。
また、チャイコフスキー交響曲 第6番「悲愴」は、ナープラヴニークによる改訂稿が一般に使用されている。

14歳で孤児となったため、地元の教会でオルガンを演奏して生計を立てるようになる。1854年にプラハのオルガン学校に入学し、教師の温情によって学業を続けることができた。1861年ロシアから招かれ、サンクトペテルブルクでユスポフ大公(悪名高いフェリックス・ユスポフ公とは別人)の私設オーケストラの指揮者の地位を得た。1864年からロシア音楽協会の演奏会に指揮者として登場し、1869年からはミリイ・バラキレフの後任として同音楽協会の常任指揮者(1881年まで)およびマリインスキー劇場の主席指揮者となる[1]。 ロシア・オペラ界における活躍のほかに、チャイコフスキーの弦楽セレナーデの公開初演(1881年)など、器楽曲の指揮にも携わった。自作もオペラや舞台音楽が数多いが、交響曲や管弦楽曲、室内楽曲やピアノ曲もいくつか遺している。1914年に健康を害して、それ以上の活動を続けることができなくなった。

ナープラヴニークの死後、家族は1917年5月に外国に去り、最終的にベルギーに落ち着いた。

息子のウラディーミルは、ロシア語で父親の評伝を執筆した。(Eduard Frantsovich Nápravník i ego sovremenniki, ISBN 57140041241991年出版)

ブィシチ村の学校は、こんにちナプラヴニークの名を掲げている。


作品[編集]

器楽曲[編集]

  • 祝賀行進曲(ロシアの主題とフリードリヒ大王の主題による)
  • ピアノと管弦楽のための《交響協奏曲》イ短調 Op.27
  • ピアノと管弦楽のための《ロシア幻想曲》ロ短調 Op.39
  • チェロとピアノのための組曲 Op.29

歌劇[編集]

  • Nizhegorodtzy (1867年)
  • Harold (1884年)
  • 『ドゥブロフスキー』Dubrovsky (1895年):間奏曲が有名
  • Francesca da Rimini (1902年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『ロシア音楽事典』:(株)河合楽器製作所・出版部(2006年) p.248

外部リンク[編集]