エイボン・プロダクツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エイボン・プロダクツは、アメリカ合衆国に本拠を置く化粧品の製造販売を行っている企業。エイボン・プロダクツ インコーポレイテッドAvon Products, Inc.)はニューヨーク証券取引所上場している(NYSE: AVP)。

1886年ニューヨークチェンバース・ストリート126番地でデビッド・H・マコーネルが創設した。

日本における展開[編集]

エイボン・プロダクツ株式会社
Avon Products Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証JQ 4915 2011年3月16日上場廃止
略称 エイボン、AVON
本社所在地 220-0012
神奈川県横浜市西区みなとみらい3-6-4
みなとみらいビジネススクエア13・14階
設立 1973年9月20日
業種 化学
事業内容 化粧品
代表者 代表取締役会長 マイケル・アレン
資本金 31億1470万円
売上高 169億円(2010年12月期)
純資産 44億円(2010年12月)
総資産 78億円(2010年12月)
決算期 12月31日
主要株主 Devon Holdings
外部リンク http://www.avon.co.jp/
テンプレートを表示

1968年日本進出、1973年より日本での化粧品製造を開始したほか、同年に日本法人の「エイボン・プロダクツ株式会社」を設立。1987年にはJASDAQ株式を公開した。2010年株式公開買付けにより Devon Holdings へ株式を売却し、エイボングループから離れることとなった。

日本においてはオンライン・ショッピングに力を入れている。また乳がんの早期検診「ピンクリボン活動」を積極的に展開している。工場神奈川県愛甲郡愛川町にあったが、2014年1月31日をもって閉鎖され、自社製造は一切行わなくなっている。また、研究所は同県の横浜市緑区長津田町にある。

2014年6月には、東京都新宿区西新宿東京オペラシティタワーから神奈川県横浜市西区みなとみらいみなとみらいビジネススクエア本社オフィスを移転している[1][2]。なお、東京オペラシティタワー1階の直営ショップ「エイボン ビューティーセンター」は本社移転後も営業を継続している[1][2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b エイボン メンバーのみなさまへ 創業の地、横浜へオフィス移転のお知らせ (PDF) (エイボン・プロダクツ株式会社 2014年6月2日)
  2. ^ a b エイボン・プロダクツ株式会社 本社オフィス移転のお知らせ(共同通信PRワイヤー/エイボン・プロダクツ株式会社 2014年5月27日)

外部リンク[編集]