ウィリー・ウッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリー・ウッド

Willie Wood  No. 24

フリーセイフティ
生年月日:1936年12月23日(78歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ワシントンD.C.
身長:5' 10" =約177.8cm 体重:190 lb =約86.2kg
NFLデビュー
1960年グリーンベイ・パッカーズ
経歴
大学USC
NFLドラフト1971年 / 巡目(全体の番目)
ドラフト外(1960年
 所属チーム:
通算成績
(1971年までの成績)
インターセプト     48回
インターセプトリターン     699ヤード
インターセプトリターンTD     2回
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録
  • プロボウル選出:8回 (1962, 1964-1970)
  • オールプロ選出:5回 (1964-1967, 1969)
  • NFLチャンピオン:3回(1961,1962,1965)
  • スーパーボウル優勝:2回(第1回第2回
  • 1960年代オールディケイドチーム
  • グリーンベイ・パッカーズ殿堂
NFL殿堂入り

ウィリー・ウッド(William Vernell Wood[1] 1936年12月23日- )はワシントンD.C.出身の元アメリカンフットボール選手。NFLグリーンベイ・パッカーズフリーセイフティとして活躍した。

経歴[編集]

USC時代はクォーターバックとして活躍した。彼はパシフィック・テン・カンファレンス初の黒人QBであった。

大学卒業後、ドラフトでNFLのどのチームからも指名されなかったがパッカーズのトライアウトを受けてフリーエージェントで入団し[2]、2年目の1961年から先発のフリーセイフティとなり1971年に引退するまで先発出場を続けた[1]

彼はリーグを代表するフリーセーフティとなり[1]、1962年から1970年まで9年連続でオールNFLに選ばれ、プロボウルには1963年と1965年から1971年まで合計8回、NFLチャンピオンシップゲームには6回出場(1960年以外の5回優勝)した[2]第1回スーパーボウルの第3Q初めにレン・ドーソンのパスをインターセプトし50ヤードをリターン、第2回スーパーボウルではパントリターン5回で35ヤードを獲得した。この時見せた31ヤードのパントリターンは第18回スーパーボウルダレル・グリーンが34ヤードリターンするまでスーパーボウル記録であった。

現役12年間で通算48インターセプト(1962年にはリーグトップの9個のインターセプトを記録した。)、699ヤードをリターンして2タッチダウンをあげると共に187回のパントリターンで1,391ヤードを獲得(1961年にはリーグトップの平均16.1ヤードを記録した。)、2タッチダウンをあげている[2][1]

現役引退後わずか2年の1973年にワールド・フットボール・リーグフィラデルフィア・ベルのヘッドコーチに就任した。これは戦後プロフットボール史上初のアフリカ系アメリカ人ヘッドコーチであった。また1980年にはカナディアン・フットボール・リーグトロント・アルゴノーツのヘッドコーチにもなった(CFLでも初のアフリカ系アメリカ人ヘッドコーチであった。)。

1989年にプロフットボール殿堂入りを果たした。

私生活[編集]

彼の息子のウィリー・ジュニアは1992年から1993年までアリーナフットボールリーグインディアナ・ファイアーバーズでプレー、その後コーチとなり、現在はクリーブランド・グラディエイターズのワイドレシーバー/ディフェンシブバックコーチをしている。

2006年11月から現役時代のひざや臀部の負傷、認知症痴呆症のため、介護施設車椅子で生活している[3]。NFLから年金を受け取っているものの月額1,100ドルであり医療費を払うために十分な額を受け取っているとは言えない。ワシントンD.C.で彼の医療費として25,000ドルを集めるためのイベントが開かれたこともある。

彼が直面している状況は多くの障害や認知症を抱えて更なるNFLの支援を必要としている元選手と同様である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d USC Legends Willie Wood”. USC. 2010年2月7日閲覧。
  2. ^ a b c Hall of Famers”. プロフットボール殿堂. 2010年2月7日閲覧。
  3. ^ NFL retirees feel forgotten as fight for benefits rages”. USAトゥデイ (2007年7月13日). 2010年2月7日閲覧。

外部リンク[編集]