インドシュモクザメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
インドシュモクザメ
Eusphyra blochii Day.jpg
インドシュモクザメ
Eusphyra blochii
保全状況評価[1]
NEAR THREATENED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 NT.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 軟骨魚綱 Chondrichthyes
亜綱 : 板鰓亜綱 Elasmobranchii
: メジロザメ目 Carcharhiniformes
: シュモクザメ科 Sphyrnidae
: インドシュモクザメ属 Eusphyra
: インドシュモクザメ
E. blochii
学名
Eusphyra blochii
(Cuvier, 1816)
英名
Winghead shark
Slender hammerhead

インドシュモクザメ Eusphyrna blochii (印度撞木鮫、英: Winghead shark)は、メジロザメ目シュモクザメ科に属するサメインドシュモクザメ属 Eusphyra はインドシュモクザメ1種のみ。インド洋から西太平洋の熱帯海域の沿岸部に生息する。全長1.9 m。非常に長いハンマー型の頭部をもち、他種と見間違えることはない。胎盤形成型の胎生。東南アジアなどで漁獲され、数は減少している。

分布・生息域[編集]

Winghead Shark DistMap.png

インド洋から東南アジア太平洋西部にかけての熱帯から亜熱帯海域に分布する。大陸棚島嶼の周辺海域に生息する。

形態[編集]

最大で全長186 cm[2]。頭部のハンマーは弓状で極度に細長く、体長の半分程にもなる。

生態[編集]

餌生物は小魚や頭足類、甲殻類[3]

胎生胎盤を形成する。産仔数は6〜11尾(6尾が多い)[3]。産まれたときのサイズは32〜45cm[3]。110cm程度で成熟する[1]

人との関わり[編集]

人にとって危険ではない[2]。生息海域では漁獲対象になり、とくに東南アジアでは多く漁獲される。生息数は減少傾向にある[1]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c Simpfendorfer, C.A. 2003. Eusphyra blochii. In: IUCN 2011. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2011.1. <www.iucnredlist.org>. Downloaded on 08 July 2011.
  2. ^ a b Eusphyra blochii Froese, R. and D. Pauly. Editors. 2011.FishBase. World Wide Web electronic publication. www.fishbase.org, version (06/2011).
  3. ^ a b c Compagno, L.J.V. 1984. FAO species catalogue. Vol. 4. Sharks of the world. An annotated and illustrated catalogue of shark species known to date. FAO Fish. Synop. No. 125, vol. 4. pp.540-541.

関連項目[編集]