ウチワシュモクザメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウチワシュモクザメ
Bonnethead shark.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 軟骨魚綱 Chondrichthyes
亜綱 : 板鰓亜綱 Elasmobranchii
: メジロザメ目 Carcharhiniformes
: シュモクザメ科 Sphyrnidae
: シュモクザメ属 Sphyrna
: ウチワシュモクザメ S. tiburo
学名
Sphyrna tiburo
(Linnaeus, 1758)
英名
Bonnethead
ウチワシュモクザメの分布域
Bonnet Head Shark.jpg

ウチワシュモクザメ団扇撞木鮫、学名:Sphyrna tiburo、英名: Bonnetheadボンネットヘッド)は、メジロザメ目シュモクザメ科に属するサメ。古い本の中ではボンネットシュモクザメとも呼ばれている。全長1.5 m。

特徴[編集]

シュモクザメ科の最小種で、通常全長1.0 - 1.2 m 、最大で1.5 m 程度である。頭部は大きく湾曲しており、横への張り出しが弱い。"ハンマー"というより"シャベル"や"スコップ"の形に近く、他のシュモクザメ類と区別がつきやすい。このような形になったのは本種が他のシュモクザメに比べ、より沿岸に適応したためであると考えられている。珊瑚礁や磯など障害物の多い環境を自由に泳ぐ際に、頭部の張り出しは縮んだものとなり、同時に体の小型化が進んだ。あるいは元々体が小さい分、他のシュモクザメ類との競合を避けるために独自の進化を遂げたと考えられている。

生態[編集]

北米および南米大陸沿岸にのみ生息する。大西洋側では、北米東岸からキューババハマカリブ海を通って、メキシコ湾ブラジル沿岸まで。バミューダ海では見られない。太平洋側では、カリフォルニア南部からエクアドル沖まで。水深の浅い所を好み、浅い湾内やサンゴ礁、砂泥質の海底、河口域などに現れる。

普段は15 尾以下の群れで泳ぐが、季節回遊の際には数百尾の大群になることもある。温暖な環境を好み、海水温が低下する冬季には赤道付近に移動する。逆に夏季には高緯度海域に回帰する。

小魚や甲殻類頭足類を捕食する。

胎生。子宮内で孵化した胎仔は卵黄の栄養分を使って成長する。サメの中で最も妊娠期間が短く、4 - 5 ヶ月間。雌は35 cm 程度の子どもを4 - 14 尾産む。

沿岸性で観察し易いこと、小型でおとなしいことなどから、シュモクザメ類の中では生態研究が比較的よく進んでいる種である。出産の観察例もある。

人との関わり[編集]

小型でおとなしく、まず人を襲うことはない。ただし歯は鋭いので、驚かせたり不用意に手を出したりするようなことは避けるべきである。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]