イングランドの行政カウンティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

行政カウンティ (administrative counties) は、1889年から1974年までの間、地方行政を目的として用いられたイングランドの地域区分である。

行政カウンティは 1888年の地方行政法で創設されたが、1972年の地方行政法により廃止された。これに代わって設置された都市カウンティならびに非都市カウンティは、多少正確さを欠くものの、しばしば行政的カウンティと呼ばれる。

歴史[編集]

行政カウンティは1899年以前には存在しなかった。それ以前のイングランドのカウンティについてはイングランドの歴史的カウンティを参照。

カウンティカウンシルの創設[編集]

1888年保守党の首相ソールズベリー侯ロバート・アーサー・タルボットの政府は、イングランド及びウェールズ全体にカウンティカウンシルを設置し、その全域を行政カウンティに分割した。ただし、今日単一自治体として知られるカウンティ・バラ (county borough) は、行政カウンティには含まれなかった。

ケンブリッジシャーリンカンシャーノーサンプトンシャーサフォークサセックスヨークシャーは、行政上の目的から、四季裁判所で用いられていた歴史的区分に従って分割された。

さらに、今日ではインナー・ロンドンとして知られるロンドン・カウンティが設置された。ワイト島は当初ハンプシャーの行政カウンティに含まれていたが、1890年に独自のカウンティカウンシルが設置された[1]

1894年、各行政カウンティは都市ディストリクト農村ディストリクト自治バラに分割され、二層制が確立した。1900年にロンドン・カウンティの首都バラへの分割により、この構成は完成をみた。

1844年法でもいくつかの飛び地が手つかずで残ったが、1894年の地方行政法によりカウンティカウンシルにカウンティ境界を調整する権限が与えられ、数年のうちにほとんどの飛び地が解消した。たとえば、ダービシャーミアシャム地区は、1897年にレスターシャーカウンティカウンシルの管轄となった。

1890年から1965年の区分図[編集]

この区分図は、個々のカウンティ・バラを表示せずに、その帰属するカウンティに含める通常の手法に従っている。あるカウンティ・バラが別のカウンティの領域まで拡張した場合には、そのカウンティ・バラが帰属するカウンティをその分拡張させて表現することが多い。たとえば、エイヴォン川南側のブリストルは、サマセットではなくグロスターシャーの一部として表示されている。

モンマスシャイアは、この期間のほとんどでイングランドのカウンティだとみなされていたが、この区分図には示されていない。 行政カウンティ一覧は1889年法には含まれておらず、1933年になって新地方行政法が議会を通過して初めて予定表として列挙された。法文上、公式には“シャー”の語尾は使われず、たとえば「ベッドフォード行政カウンティ」 (the administrative county of Bedford)、「ノーサンプトン(の)カウンティカウンシル」 (county council of Northampton) などの表現が用いられた。ランカシャー及びチェシャーの場合、カウンシルは公式には「パラティン伯カウンティのカウンティカウンシル」 (county council of the palatine county) であり、シュロップシャーは公式にはずっと「サロップ(の)カウンティ」 (county of Salop) であった。バークシャー が「ロイヤルカウンティ」 (royal county) と記される権利は1958年に君主によって確認された。1959年4月1日、サザンプトンのカウンティはハンプシャーと改称された。

この区分は地方長官制度で用いられた儀礼的カウンティの基礎となったが、ケンブリッジシャー、ハンプシャー、リンカンシャー、ノーサンプトンシャー、サフォーク、サセックスの地方長官区は分割されなかった。その一方で、ヨークシャーでは分割された地方長官区が用いられた。

1890年から1965年までのイングランドの行政カウンティ
  1. ノーサンバーランド
  2. ダーラム
  3. ウェストモーランド
  4. カンバーランド
  5. ランカシャー
  6. ヨークシャー、ウェストライディング
  7. ヨークシャー、ノースライディング
  8. ヨークシャー、イーストライディング
  9. リンカンシャーのリンゼイ区分
  10. リンカンシャーのホランド区分
  11. リンカンシャーのケステヴェン区分
  12. ノッティンガムシャー
  13. ダービシャー
  14. チェシャー
  15. サロップ(シュロップシャー)
  16. スタッフォードシャー
  17. ウォリックシャー
  18. レスターシャー
  19. ラトランド
  20. ノーサンプトンシャー
  21. ピーターバラ管区
  22. ハンティンドンシャー
  23. ケンブリッジシャー
  24. アイル・オヴ・エリー
  25. ノーフォーク
  1. イーストサフォーク
  2. ウェストサフォーク
  3. エセックス
  4. ハートフォードシャー
  5. ベッドフォードシャー
  6. バッキンガムシャー
  7. オックスフォードシャー
  8. グロスターシャー
  9. ウスターシャー
  10. ヘレフォードシャー
  11. ウィルトシャー
  12. バークシャー
  13. ミドルセックス
  14. ロンドン
  15. ケント
  16. イースト・サセックス
  17. ウェスト・サセックス
  18. サリー
  19. サザンプトンシャー(ハンプシャー)
  20. ワイト島
  21. ドーセット
  22. サマセット
  23. デヴォン
  24. コーンウォール

EnglandNumbered1890.png

面積および人口[編集]

1891年ならびに1961年の国勢調査[2][3]に基づく各行政カウンティの面積と人口を表にして示す。

行政庁が地域外にあるカウンティカウンシルもあるが、たいていは伝統的なカウンティタウンがカンウンティ・バラであるためである。ダービシャー、レスターシャー、ノッティンガムシャーの各カウンティカウンシルの行政庁は、カウンティ・バラから対応する行政カウンティ内に移動されている。

行政カウンティ 面積
(法定エーカー)
1891年
人口
(人)
1891年
面積
(法定エーカー)
1961年
人口
(人)
1961年
行政庁所在地
ベッドフォードシャー 298,494 160,704 302,940 380,837 ベッドフォード
バークシャー 455,864 176,109 454,726 385,017 レディング
バッキンガムシャー 475,694 185,284 479,405 488,233 アイルズベリー
ケンブリッジシャー 310,306 121,961 315,166 190,384 ケンブリッジ
チェシャー 646,627 536,644 621,884 475,313 チェスター(1)
コーンウォール 868,208 322,571 868,260 342,301 トルーロ
カンバーランド 970,161 266,549 967,054 223,202 カーライル(2)
ダービシャー 654,100 426,768 635,459 745,212 1958年までダービー†、以降はマトロック
デヴォン 1,661,914 455,353 1,649,434 539,021 エクスター(3)
ドーセット 632,272 194,517 633,745 313,460 ドーチェスター
ダーラム 639,436 721,461 620,278 951,956 ダーラム
エセックス 980,839 579,355 959,755 1,859,916 チェルムスフォード
グロスターシャー 790,833 384,552 773,295 494,885 グロスター
ハンプシャー 938,098 386,849 929,951 762,599 ウィンチェスター
ヘレフォードシャー 537,363 115,949 538,924 130,928 ヘレフォード
ハートフォードシャー 406,932 224,550 404,525 832,901 ハートフォード
ハンティンドンシャー 233,928 54,969 233,985 79,924 ハンティンドン
アイル・オヴ・エリー 239,259 63,861 239,951 89,180 エリー
ワイト島 93,342 78,672 94,142 95,752 ニューポート
ケント 971,849 785,674 971,125 1,671,436 メイドストーン
ランカシャー 1,124,450 1,768,278 1,060,804 2,280,359 プレストン
レスターシャー 520,400 200,468 515,404 409,098 1967年までレスター†、以降はグレンフィールド
リンカンシャー - ホランド区域 255,252 75,522 267,847 103,327 ボストン
リンカンシャー - ケステヴェン区域 471,749 105,910 462,100 134,842 スレアフォード
リンカンシャー - リンゼイ区域 961,327 199,095 961,038 505,427 リンカン
ロンドン 75,442 4,232,118 74,903 3,200,484 1933年までスプリングガーデンズ、以降ランベス
ミドルセックス 149,046 560,012 148,691 2,234,543 ウェストミンスター
モンマウスシャイア 342,548 203,347 339,008 336,566 ニューポート(4)
ノーフォーク 1,303,967 317,983 1,302,505 388,005 ノリッチ
ノーサンプトンシャー 584,759 203,247 578,947 292,584 ノーサンプトン
ノーサンバーランド 1,284,385 319,730 1,276,266 481,474 ニューカッスル-アポン-タイン(5)
ノッティンガムシャー 528,817 231,946 521,647 591,089 1959年までノッティンガム†、以降ウェストブリグフォード
オックスフォードシャー 480,608 145,149 470,390 203,161 オックスフォード
ラトランド 97,273 20,659 97,273 23,504 オークハム
シュロップシャー 859,516 236,339 861,800 297,466 シュリューズベリー
ピーターバラ管区 53,471 35,249 53,465 74,758 ピーターバラ
サマセット 1,039,106 386,866 1,026,043 518,145 タウントン
スタッフォードシャー 731,089 818,290 685,250 983,758 スタッフォード
イーストサフォーク 549,744 183,478 547,397 219,759 イプスウィッチ
ウェストサフォーク 389,870 120,952 390,915 128,918 バリー・セント・エドマンズ
サリー 452,218 418,856 449,160 1,478,841 ニューイングトン‡、1893年キングストン・アポン・テームズへ移動(6)
イースト・サセックス 525,904 240,264 494,580 375,349 リューエス
ウェスト・サセックス 389,870 120,952 405,351 411,613 チチェスター
ウォリックシャー 562,797 307,193 558,684 612,768 ウォリック
ウェストモーランド 500,906 66,098 504,917 67,180 ケンダル
ウィルトシャー 880,248 264,997 860,607 422,985 トローブリッジ
ウスターシャー 473,542 296,661 514,341 441,069 ウスター
ヨークシャー - イーストライディング 741,827 141,516 735,963 224,031 ベヴェーレイ
ヨークシャー - ノースライディング 1,358,101 284,837 1,376,607 396,707 ノースアラートン
ヨークシャー - ウェストライディング 1,701,386 1,351,570 1,606,921 1,678,010 ウェイクフィールド(7)
  • †: 行政カウンティ外のカウンティ・バラ
  • ‡: In the administrative county of London
  • (1) カウンシル庁舎が設置されているチェスター城チェスター地方ディストリクト内のシヴィルパリッシュであり、カウンティ・バラではなく行政カウンティ内にある。
  • (2) 1914年よりカウンティ・バラ
  • (3) デヴォン・カウンティ・ビルディング地区は1963年にカウンティ・バラから当該地区を飛び地にしていたデヴォン行政カウンティへ移動
  • (4) 1891年よりカウンティ・バラ
  • (5) ムート・ホール行政管区はニューキャッスル・アポン・タイン・カウンティ・バラ内の行政カウンティ飛び地
  • (6) カウンティカウンシル庁舎の移動は1890年4月15日に決定され、新庁舎は1839年11月14日にオープンした[4]。キングストンは1965年にサリー行政区から除かれ、グレーター・ロンドンキングストン・アポン・テームズのロイヤル・バラとなった。
  • (7) 1915年よりカウンティ・バラ

境界の変更[編集]

行政カウンティの境界は時が経つとともにかなり変化した。これには3つの理由があった。境界両側での町の成長、カウンティ・バラの創設と拡張、飛び地などの例外の排除である。

都市化が進むにつれ郊外がかつてない規模になり、様々な町や都市を囲む市街地が従来のカウンティ境界からはみ出るようになった。1888年の地方行政法はそのような場合に備えアーバン・サニタリー・ディストリクトがカウンティの境界を越える際は、そのディストリクト全体はその最大の部分が含まれるカウンティの一部とみなされると定めていた。これはアーバンディストリクト自治バラの拡張についても同様である。

伝統的境界で二分されていたが行政カウンティとして統一された町にはバンバリーモスレイタムワーストッドモーデンなどがある。

付属地が他のカウンティにあるアーバン・ディストリクトには以下の様なものがある。

さらに、カウンティ・バラの増加と拡張により行政カウンティの面積と人口は結果として減少した。これは問題と考えられ、1926年の地方行政(カウンティ・バラと調整)法によりこうしたバラの創設と拡大手続きはより難しいものとされた。1970年6月までに人口の25%がカウンティ・バラに居住していた[5]

多くの行政カウンティには、創設時から多くの飛び地があったが、カウンティ間でのパリッシュの入れ換えによりそのほとんどは1890年代に解消された。グロスターシャー、ウスターシャー、ウィルトシャーの境界は多数の飛び地があったが、1931年に整理された。

グレーターロンドン[編集]

次の世紀を通じ、カウンティの都市化の進行に対応して地方行政をどうすべきかという議論が行われた。カウンティ・バラを拡大し境界を変更する案や、より大きな都市カウンティの創設案が議論されたが、1965年施行の法律が議会を通過する1963年までは何も起こらなかった。

ロンドン・カウンティは拡張の上グレーター・ロンドンと改称され、3つのカウンティ・バラ、サリーケントエセックスハートフォードシャーの一部、ミドルセックスの大部分が組み込まれた。ミドルセックスの残りはサリーとハートフォードシャーに編入された。また、ピーターバラ管区ハンティンドンシャーハンティントン・アンド・ピーターバラに統合され、ケンブリッジシャーカウンティカウンシルとアイル・オヴ・エリーカウンティカウンシルの合併といった変更も行われた。

1965年から1974年の区域図[編集]

下図に1974年直前のカウンティ・バラを示す。

1965年から1974までのイングランドの行政カウンティ
  1. ノーサンバーランド
  2. ダーラム
  3. ウェストモーランド
  4. カンバーランド
  5. ランカシャー
  6. ウェストライディング・オヴ・ヨークシャー
  7. ノースライディング・オヴ・ヨークシャー
  8. サウスライディング・オヴ・ヨークシャー
  9. リンゼイ
  10. ホランド
  11. ケステヴェン
  12. ノッティンガムシャー
  13. ダービシャー
  14. チェシャー
  15. サロップ(シュロップシャー)
  16. スタッフォードシャー
  17. ウォリックシャー
  18. レスターシャー
  19. ラトランド
  20. ノーサンプトンシャー
  21. ハンティントン・アンド・ピーターバラ
  22. ケンブリッジシャー・アンド・アイル・オヴ・エリー
  23. ノーフォーク
  1. イーストサフォーク
  2. ウェストサフォーク
  3. エセックス
  4. ハートフォードシャー
  5. ベッドフォードシャー
  6. バッキンガムシャー
  7. オックスフォードシャー
  8. グロスターシャー
  9. ウスターシャー
  10. ヘレフォードシャー
  11. ウィルトシャー
  12. バークシャー
  13. グレーター・ロンドン
  14. ケント
  15. イースト・サセックス
  16. ウェスト・サセックス
  17. サリー
  18. ハンプシャー
  19. ワイト島
  20. ドーセット
  21. サマセット
  22. デヴォン
  23. コーンウォール
EnglandNumbered1965CB.png

廃止[編集]

1974年、1972年の地方行政法により行政カウンティは廃止され、イングランドの都市および非都市カウンティに置き換えられた。

脚注[編集]

  1. ^ Local Government Board's Provisional Order Confirmation (No.2) Act 1889 (52 & 53 Vict. C.clxxvii)
  2. ^ Census of England and Wales 1891, Vol. I, Table III. Administrative Counties and County Boroughs; Area, and Houses and Population in 1891 (Historic GIS Project, Queen's University, Belfast)[1]
  3. ^ 1961 Census England and Wales: County Reports (www.visionofbritain.org.uk) [2]
  4. ^ David Robinson, A brief history of County Hall, Surrey County Council, 1993
  5. ^ Bryne, T., Local Government in Britain, (1994)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]