イルハム・アリエフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イルハム・アリエフ
İlham Əliyev
Ilham Aliyev at Munich Security Conference 2010.jpg
2010年2月

任期 2003年10月31日

任期 2003年8月4日 – 2003年11月4日
元首 ヘイダル・アリエフ大統領

出生 1961年12月24日(53歳)
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of Azerbaijan SSR.svg アゼルバイジャン・ソビエト社会主義共和国バクー
政党 新アゼルバイジャン党
配偶者 メーリバン・アリイェーヴァ(en:Mehriban Aliyeva
署名 Signature of İlham Əliyev.jpg

イルハム・ヘイダル=オグル・アリエフアゼルバイジャン語: İlham Heydər oğlu Əliyev, 1961年12月24日 - )は、アゼルバイジャン政治家。第4代アゼルバイジャン大統領2003年10月 - )。1993年から10年間アゼルバイジャン大統領を務めたヘイダル・アリエフの長男であり、病気で引退したヘイダルの後継者に指名されて2003年の大統領選挙に勝利し、旧ソ連諸国で初めての親子による権力の世襲を実現した。妻のメーリバン・アリイェーヴァユネスコ親善大使を務めている。

経歴[編集]

父ヘイダルがアゼルバイジャン国家保安委員会局員であった時代に、アゼルバイジャンの首都バクーに生まれる。初等・中等教育をバクーで受けた後、1977年モスクワ国際関係大学に進学。1985年に同大学大学院で歴史学および国際関係論の修士号を取得し、同年から1990年まで同大学で教鞭を取った。1991年よりビジネスに転じ、モスクワとイスタンブルで仕事をしていたが、父の大統領後の1994年にバクーに戻り、アゼルバイジャン共和国国営石油会社第一副総裁に就任。自身が大統領に選出されるまでこの職にあった。この間、1995年2000年の議会総選挙で国会議員に選出されている。1997年からはオリンピック委員会委員長を務めるなど、大統領である父のもとで政財界の要職を歴任した。

ヘイダルの健康不安が明らかとなって以来、権力の委譲を進められており、1999年には新アゼルバイジャン党Yeni Azərbaycan Partiyası)の副党首に選ばれた。父が病気療養のためアメリカ合衆国に赴いた2003年8月首相に就任。10月の大統領選挙に候補者登録し、最終的に引退を決意したヘイダルによって後継者として与党の大統領選単独候補に指名され、10月15日に投票された大統領選挙で圧勝、アゼルバイジャン共和国大統領に就任した。

父から受け継いだ強権的な体制、腐敗した政治、権力の世襲に対する国内外の批判も強いが、イルハム・アリエフ政権は対外的にはロシアの支持を得ており、国際協調による政治・経済の安定を目指している。

外部リンク[編集]

先代:
ヘイダル・アリエフ
アゼルバイジャンの大統領
2003年 - 現在
次代:
-