イット・バイツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イット・バイツ
基本情報
出身地 イギリスカンブリア州
ジャンル プログレッシブ・ロック
ポップ・ロック
活動期間 1984年 – 1990年
2006年 - 現在
レーベル ヴァージン・レコード
ゲフィン・レコード
メンバー
ジョン・ミッチェル
ジョン・ベック
リー・ポメロイ
ボブ・ダルトン
旧メンバー
フランシス・ダナリー
ディック・ノーラン
リー・ノット

{{{Influences}}}

イット・バイツ(It Bites)は、1982年にイギリスカンブリア州で結成されたプログレッシブ・ロック・バンド。

活動[編集]

1982年、カンブリアで結成される。1984年ロンドンに活動拠点を移す。その年の暮れ、デモ・テープが認められヴァージン・レコードゲフィン・レコードと契約を交わす。マネージメントはエイジア、元・イエスの敏腕マネージャーとして知られるブライアン・レーンが行い、当初は『第2のエイジア』としての売り込みが考えられていた。

1986年3月シングル「All In Red」発売。同年6月にシングル「Calling All The Heroes」を発売。イギリスのシングル売り上げトップ40位チャートを賑わせ、ついには6位まで上がるヒットとなり注目を集める。1986年7月、ファースト・アルバム『Big Lad In The Windmill』発売。これには「Calling All The Heroes」も収録されていたものの、売り上げはさほど伸びなかった。

1988年、セカンド・アルバム『Once Around The World』発表。演奏時間が9分間、15分間という長大な楽曲も収録された、いわゆるプログレッシヴ・ロックの影響を強く感じさせる作品となった。

1989年、サード・アルバム『Eat Me In St.Louis』発表。このアルバムのアートワークにはマネージメントの関係からロジャー・ディーンが参加している。1990年7月にフランシスが脱退。後任にリー・ノットが加入するが、レコード契約を失い、バンド名をシスター・サラ、ナバホ・キッスと改名して活動を続けるも解散に至る。

2003年にオリジナル・メンバー4人による顔合わせがあり、ツアー及びアルバムの予定があることが発表されたが、実現には至らなかった。

2006年、ジョン・ミッチェルをフロントマンに据えて再結成。

歴代のメンバー[編集]

オリジナル・メンバー[編集]

フランシス・ダナリー Francis Dunnery
1962年12月25日- )ボーカルギターアラン・ホールズワースに強く影響されたギター・プレイと、ピーター・ガブリエルのようなボーカル・スタイル。1990年脱退以降はソロ活動。
ジョン・ベック John Beck
1961年7月29日- )キーボード、ボーカル。女性のようなルックスで人気が高かった。ライブではギターも弾いていた。また、2008年発表のオリジナル・アルバムではベースも弾いている。解散後、2001年ごろからジョン・ウェットンのソロ・ツアーなどにも参加。
ディック・ノーラン Dick Nolan
1963年10月10日- )ベース
ボブ・ダルトン Bob Dalton
1962年11月20日- )ドラムス。ジョン・ベックと同じくジョン・ウェットンのツアーに参加。

途中加入のメンバー[編集]

ジョン・ミッチェル John Mitchell
ボーカル、ギター、ベース。2006年の再結成による加入(フランシスが参加しなかったため)。他のプログレッシブ・ロック・バンド、アリーナ、キノ、フロスト*、ジョン・ウェットン・バンドのメンバーとしても活動している。
リー・ポメロイ Lee Pomeroy
ベース。2009年に加入。
リー・ノット Lee Knott 
ボーカル。フランシス脱退後、短い期間在籍。

ディスコグラフィー[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • ザ・ビッグ・ラド・イン・ザ・ウィンドミル - The Big Lad In The Windmill(Virgin/Geffen 1986)
  • 限りなき挑戦 - Once Around The World(Virgin/Geffen 1988)
  • イート・ミー・イン・セント・ルイス - Eat Me In St. Louis(Virgin/Geffen 1989)[1]
  • ザ・トール・シップス - The Tall Ships(InsideOut Music 2008)
  • マップ・オヴ・ザ・パスト - Map of the Past(InsideOut Music 2012)

ライブ・アルバム[編集]

  • サンキュー・アンド・グッドナイト - Thank You And Goodnight(Virgin 1991) - 1989年のライブ・アルバム
  • ライヴ・イン・モントルー - Live in Montreux(2003) - 1987年に行われたモントルー公演を収録したライブ・アルバム
  • ホウェン・ザ・ライツ・ゴー・ダウン - When The Lights Go Down(2007) - 2006年12月に行われたイギリス公演を収録したライブ・アルバム
  • イッツ・ライヴ - This Is Japan(キングレコード 2010) - 2009年7月に行われた来日公演を収録したライブ・アルバム
  • Deutsches Live! (2010)

コンピレーション[編集]

  • ジ・イット・バイツ・アルバム - The It Bites Album(Virgin Japan 1990) - リミックスやシングルのB面曲などを収録した来日記念アルバム
  • The Best Of It Bites - Calling All the Heroes(EMI 1998) - ベスト・アルバム

映像作品[編集]

  • ライヴ・イン・トーキョー - Live in Tokyo(WHDエンタテインメント 2003)- 1990年の東京公演の映像
  • イット・ハップンド・ワン・ナイト - 'It Happened One Night'(キングレコード 2011)

脚注[編集]

  1. ^ タイトルはジュディ・ガーランド主演のミュージカル映画「若草の頃」の原題「Meet Me in St. Louis」のパロディ

外部リンク[編集]