イザベル・ド・ブラジル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブラジル皇女イザベル

イザベル・ド・ブラジルPrincesa Isabel A Redentora, de jure Dona Isabel I, Imperatriz e Defensora Perpétua do Brasil, 全名:Isabel Cristina Leopoldina Augusta Micaela Gabriela Rafaela Gonzaga de Bragança, 1846年7月29日 - 1921年11月14日)は、ブラジル帝国の皇女。ブラジル皇太子 (Princesa imperial do Brasilとして父ペドロ2世の治世最後の10年間は摂政位にあった。帝政廃止後はブラジル・ブラガンサ家の当主となり、1891年以降「ブラジル女帝」を名乗った。

イザベルは父ペドロ2世が旅行でブラジルを離れた際に3度摂政を務めた。ブラジル政治史上、彼女は植民地後初の女性統治者である。1888年、ブラジルでの奴隷廃止法に署名した。彼女の信仰に篤い姿勢、奴隷制廃止の役割から、ローマ教皇レオ13世は「黄金のバラ」を授けた。1889年、軍事クーデターで帝政が廃止されると、フランスへ亡命した。

生涯[編集]

左がイザベル。右は妹レオポルディナ

イザベルはペドロ2世と皇后テレサ両シチリアフランチェスコ1世の七女)の長女として、リオ・デ・ジャネイロサン・クリストヴァオン宮殿で誕生した。兄アフォンソはイザベルが生まれる前に夭折し、弟ペドロも夭折した。長女イザベルと次女レオポルディナ以外に子のないペドロ2世は、イザベルを後継者に指名した。

1864年10月15日、イザベルはフランス王族のウー伯ガストン・ドルレアン(ポルトガル語ガスタン、フランス王ルイ・フィリップの孫)と結婚した。

同年12月、イザベルの妹レオポルディナは、ザクセン=コーブルク=ゴータ公子アウグスト(ブルガリアフェルディナンド1世の次兄)と結婚した。ガストンの父ヌムール公ルイ・シャルルと、アウグストの母クレマンティーヌは兄妹であるため、彼らは従兄妹同士であった。最初の案ではイザベルはアウグストと、レオポルディナはガストンと結婚する予定だった。しかし、姉妹はそれぞれ別の相手を選んだ。皇帝は、自身が政略結婚の不幸を知ることから、娘たちの願いを受け入れた。

イザベルと夫ガストンとの間には4子が生まれた。

政治[編集]

摂政位につく皇女イザベル

ペドロ2世は自由主義を解し、ブラジルを工業化させ奴隷廃止をしなければならないことを知っていた。イザベルは摂政として、1888年5月13日に奴隷廃止法に署名した。この進歩的な姿勢は、逆に帝政に対するブラジル社会の対立を生んだ。同時期、自由主義者たちは自分たちが帝政を拒絶するように、皇帝が早い改革を望んでいないと知り、勇気づけられた。ペドロ2世は国民的人気があったものの、1889年11月15日に軍事クーデターで廃位され、皇帝一家は亡命した。イザベルは家族と共にフランスへ亡命した。

廃位後のペドロ2世は1891年12月5日、パリで死去した。皇帝家支持者の支援を受け、イザベルはブラジル皇位請求者となった。

1908年、イザベルの長男ペドロはチェコ人伯爵令嬢エリーザベト・ドブレゼンスキーとの結婚を望んだ。王族でない女性との結婚をイザベルは許さず、よってペドロはブラジル皇位継承権を放棄した。イザベルは後継者に次男ルイス・マリアを指名したが、ルイスは母親に先立って1920年に死去したため、ルイスの長男ペドロ・エンリケが祖母を継いでブラジル・ブラガンサ家家長となった。イザベルは、夫の所領ウー(現在のセーヌ=マリティーム県の町)で死去した。

その後[編集]

1920年、ブラジル政府は皇帝一家の入国を禁止する法律を廃止し、一家の帰国を許した[1]。イザベルは帰国前に死去したため、夫ガストンが棺とともにブラジルへ出航したが、その途上で彼も死去した。ペドロ2世夫妻の棺は1921年にブラジルへ運ばれ、1939年にペトロポリス大聖堂へ再度埋葬された[2]

イザベルの後を継いだ孫ペドロ・エンリケ以降は家名をオルレアンス=ブラガンサ家としている。現在イザベルの子孫には、オルレアン家のフランス王位継承者パリ伯アンリ・フィリップ、オルレアンス=ブラガンサ家家長ルイス・ガスタンベルギーリーニュ公アンリ、ポルトガル王位請求者のブラガンサ公ドゥアルテ・ピオがいる。

1963年よりブラジルで発行されていた50クルゼイロ紙幣に肖像が使用されていた。

参照[編集]

  1. ^ Decree 4,120”. 2007年5月13日閲覧。
  2. ^ O EXÍLIO E A MORTE DE D.PEDRO II”. 2007年5月13日閲覧。

参考文献[編集]

この参考文献は英語版作成の際のもので、日本版作成の際には参考にしておりません。