リーニュ家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リーニュ家の紋章
リーニュ公家の居城ブロイユ城
第7代リーニュ公シャルル・ジョゼフは、ウィーン会議を評した「会議は踊る、されど進まず」の言葉で知られる

リーニュ家Maison de Ligne)は、ベルギーの上級貴族の家系。家名はエノー州アト郊外の小村リーニュLigne)に因む。

歴史[編集]

11世紀にリーニュの小領主から身を起こした。リーニュ家の当主はエノー伯の廷臣となり、主君に随行して十字軍遠征にも何度か参加した。1214年、ゴーティエ・ド・リーニュ(Gautier de Ligne)とフラストル・ド・リーニュ(Flastre de Ligne)はブーヴィーヌの戦いフランスフィリップ2世の軍隊に捕えられ、身代金を払って解放されている[1]。12世紀に男爵位を獲得し、16世紀にはフォコンベルグ伯、17世紀にはエピネー公となった。

1547年にマルク伯家の傍系であるアーレンベルク家の男系が絶えたとき、リーニュ家の傍系であるバルバンソン男爵家のジャン・ド・リーニュが婿入りする形でアーレンベルク家を継いだ。このため、現在でもベルギーの最上級貴族であるリーニュ公家とアーレンベルク公爵家は、男系を同じくしている。

1543年、ハプスブルク家神聖ローマ皇帝カール5世に、教皇使節として仕えていた当主ジャック・ド・リーニュ(Jacques de Ligne)は、帝国伯の称号を授けられた。ジャックの妻マリア・ファン・ヴァッセナール(Maria van Wassenaer)はライデン城伯家の女子相続人であり、ヴァッセナールWassenaar)やフォコンベルグFauquembergues)、フォールブルクVoorburg)などの所領をリーニュ家にもたらした。

ジャックの孫息子ラモラル1世は、1601年に神聖ローマ帝国の帝国諸侯(ライヒスフュルスト)に陞爵したが、帝国諸侯としての実体は全く無かった。リーニュ家はネーデルラントを二分した八十年戦争のあいだ、他のワロン人名門貴族とともにカトリック陣営に残留し、ハプスブルク家に忠誠を誓い続けた。ラモラル1世の孫クロード=ラモラル1世は、シチリア副王およびミラノ総督として活躍した。第6代リーニュ公クロード=ラモラル2世は神聖ローマ皇帝軍の陸軍元帥を務めた。その息子の第7代リーニュ公シャルル・ジョゼフは軍人・外交官・文筆家であり、リーニュ家が輩出した最も有名な人物である。

1830年のベルギー独立革命の際、第8代リーニュ公ウジェーヌ1世は独立派の一派からベルギー王位に就くよう打診されたが、これを辞退した。リーニュ家は現在もベルギーの最上級貴族家門の1つであり、ベルギー王室の人々とも親称で呼び合うことを許される特権を有している。

リーニュ公[編集]

  1. ラモラル1世(在位1601年 - 1624年)
  2. アルベール・アンリ(在位1624年 - 1641年)
  3. クロード=ラモラル1世(在位1641年 - 1679年)
  4. アンリ・ルイ・エルネスト(在位1679年 - 1702年)
  5. アントワーヌ・ジョゼフ・ジスラン(在位1702年 - 1750年)
  6. クロード=ラモラル2世(在位1750年 - 1766年)
  7. シャルル・ジョゼフ(在位1766年 - 1814年)
  8. ウジェーヌ1世(在位1814年 - 1880年)
  9. ルイ(在位1880年 - 1918年)
  10. エルネスト(在位1918年 - 1937年)
  11. ウジェーヌ2世(在位1937年 - 1960年)
  12. ボードゥアン(在位1960年 - 1985年)
  13. アントワーヌ(在位1985年 - 2005年)
  14. ミシェル(在位2005年 - )

参考文献[編集]

  • Eduard Vehse: Geschichte der kleinen deutschen Höfe. Teil 6, Hamburg 1857, S. 273–290.

脚注[編集]

  1. ^ Catalogue des actes de Philippe Auguste, hrsg. von Léopold Delisle (1856), Nr. 1583, S. 359.