アルムニェーカル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Almuñécar

{{{市旗説明}}}   {{{市章説明}}}

Plage d'Almunecar-Paul Munhoven.JPG
Flag of Andalucía.svg アンダルシーア州
Bandera de la provincia de Granada (España).svg グラナダ県
面積 83.36 km²
標高 24m
人口 27,703 人 (2012年[1]
人口密度 332.33 人/km²
Almuñécarの位置
Almuñécar
スペイン内のアルムニェーカルの位置
Almuñécarの位置
Almuñécar
グラナダ県内のアルムニェーカルの位置

北緯36度44分02秒 西経03度41分28秒 / 北緯36.73389度 西経3.69111度 / 36.73389; -3.69111

アルムニェーカルAlmuñécar)は、スペインアンダルシア州グラナダ県の自治体。地中海と山の間に位置する観光地であり、トロピカル・フルーツの産地でもある。

歴史[編集]

魚加工工場の遺跡

紀元前1500年前、鉄器時代より人の定住地があった。紀元前9世紀にはフェニキア人たちが植民化しセシ(Sexi)と名づけた。ローマ帝国に組み込まれると、塩漬けの魚の一大生産地となり、独自の通貨が鋳造され、神殿、劇場、水道橋がつくられた。ローマ法典が導入され、自治体の名はfirmum Iulium Sexiと呼ばれた。

アル=アンダルス時代、セシを訪れた旅行家イドリースィーは、町にあった先史時代の遺跡について触れている。755年にアブド・アッラフマーン1世が権力を握ると、セシはエルビラのコラ(地方行政単位)に含まれた。この時代、セシはHins-al-Monacar(山に囲まれた、という意味)と呼ばれていた。

アルムニェーカルの位置は、海に面した軍事的要衝であった。しかし、10世紀まで都市のメディナと同様に城については言及されていない。あらゆる種類の果物、サトウキビ、バナナ、干しブドウ、穀物が生産され、豊富な水産資源に恵まれていたことは、多くの学者たちが伝えている。都市は港があり、城壁の外には定住地や市場、モスクが広がっていた。アル・アンダルスが中小のタイファに分割されると、アルムニェーカルはグラナダ王国に組み込まれ、重要な港湾都市となった。ナスル朝の王族たちが、季節ごとにアルムニェーカルの離宮を訪れた。

1489年、バサ陥落後、同年のうちにグラナダ王国の沿岸都市はカスティーリャ軍に占領された。

現在使用されている、3人のバルバリア海賊が描かれた紋章は、カルロス1世から授けられたものである。

人口[編集]

アルムニェーカルの人口推移 1900-2010
出典:INE(スペイン国立統計局)1900年 - 1991年[2]、1996年 - [3]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Población, superficie y densidad por municipios” (スペイン語). INE(スペイン国立統計局). 2013年8月7日閲覧。
  2. ^ Poblaciones de hecho desde 1900 hasta 1991. Cifras oficiales de los Censos respectivos.
  3. ^ Series de población desde 1996. Cifras oficiales de la Revisión anual del Padrón municipal a 1 de enero de cada año.

外部リンク[編集]