アルスター伝説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルスター伝説(アルスター伝説群、アルスター物語群、アルスターサイクル、アルスター神話群)(英語: Ulster Cycle, アイルランド語: na an Rúraíocht[1])は、ケルトのアイルランド神話の4大サイクルのうちの1つで、かつては「赤枝の騎士団のサイクル 」(Red Branch cycle[2])などとも称された、一群の韻文・散文の物語[2]

概要[編集]

アイルランドの北東の一角を占めたアルスター王国が時代背景だが、作品のほとんど全編が、コンホヴァル・マク・ネサ王が、王都エヴァン・マハ(エヴィン・マッハ)に君臨していた一代あるいはそれに前後する時期を描いている[2]。これはキリストの生涯と同時代(前1世紀~西暦1世紀)[3]だと伝承されている。

アルスター伝説の随一の勇者はクーフーリン[2]で、悲劇のヒロインはデァドラ[2]である。その中核をなす一大英雄譚『クアルンゲの牛捕り』( クーリーの牛争い)は、ある名牛の奪い合いをめぐり、アルスターが、ライバル国コノートをふくむ他の四州を相手に戦争をくりひげる物語である。しかもコノート側には、アルスターから亡命した勇士の一団も控えている。さらには開戦時はアルスターの戦士のことごとくの力が萎え、クーフーリンだだひとりでもちこたえねばならない。
上述のアルスター亡命組が国を捨てたいきさつや、力萎えの呪いがかけられた原因、王の誕生、クーフーリンの出自、修行と婚姻、名牛たちの前世について語るのが、『クアルンゲの牛捕り』の十篇ほどの前話(アイルランド語: remscéla)であり[4]、それらもアルスター伝説の代表作品である。時代が下ると、『デァドラ』物語こと『ウシュリウの息子たちの流浪』は、脚色された近世版『ウシュリウの子らの最期』が作られ、スコットランドでも書写され、広まった。
伝説群には、戦女神モリガンルー[5]、また女死神バドヴ[6]なども登場する。王宮にはドルイド僧カスバド (カスヴァズ、カファ)英語版がいて予言をおこない、詩人の風刺や竪琴師の曲[7]は呪いの威力を発揮し、人間はゲシュ(禁忌)[8]という掟に縛られる、などの超自然的な側面が見られる。

アルスター伝説の作品[編集]

以下は、完全ではないが、主な作品のリストである。和訳題名やカナ表記が確定しないものは(?)を付けた。

前話[編集]

古文書で前話に分類されても、内容上はトゥアハ・デ・ダナーン神話(神話物語群)なものは、そちらのリストに追加する。

  • 『如何にしてクアルンゲの牛捕りは発見されしか』(?) (Do fallsigud Tána bó Cualnhge) "How the Tain Bo Cuailnge was Found Again"
  • 『コンホヴァルの誕生』(Compert Conchobuir) "The Birth of Conchobor"
  • 『ウラドの人々の衰弱』(Noínden Ulad)"The Debility of the Ulstermen"
  • 『ウシュリウの息子たちの流浪』(Longas mac nUislenn)"The Exile of the sons of Uisliu"
  • クー・フリンの誕生英語版』(Compert Con Culainn) "The Birth of Cú Chulainn"
  • エウィルへの求婚英語版』(Tochmarc Emire)"The Wooing of Emer"
    • 『クー・フリンの修行』(?) (Foghlaim Con Culainn) "Cú Chulainn's Training"
  • アイフェの一人息子の最後英語版』(『コンラの死』)(Aided Oenfir Aífe)"The Death of Aífe's Only Son"
  • 『二人の豚飼いの誕生について』(De chophur in da muccida)"The Quarrel of the Two Pig-Keepers"
  • 『レガヴナの牛捕り』(?)(Táin bó Regamna) "The Raid of Regamna's Kine"
    • =『クーフリンにモリガン出現』(?) "The Appearance of the Morrigu to Cuchullin before the Táin Bó Cuailgne"

牛捕り[編集]

アルスター勇士の散文話[編集]

饗応[編集]

戦い[編集]

  • 『アルデフの戦い』(?)(Cath Airtig) "The Battle of Airtech"
  • 『エーダルの戦い』(Cath Étair / Talland Étair)"The Siege of Howth"*
  • 『ボイン川の戦い』(?) (Cath Boinne)"The Batle of the Boyne"
  • 『ロスナリーの戦い』(Cath Ruis na Ríg) "The Battle of Rosnaree"

最期[編集]

  • 『クー・フリンの最期』(Aided Chon Culainn)"The Death of "Cú Chulainn"
    • 『マグ・ムルテウネの大敗』(Brislech Mór Maige Muirtheimne)"The Great Carnage on Muirtheimne Plain"
    • 『コナル・ケルナハの血染めの突撃』(Dergruathar Chonaill Chernaig)"Conall Cernach's Red Onslaught" / "The Red Rout of Conall Cernach "
  • 『クーロイの最期』(Aided Conrói maic Dáiri)"Tragical Death of Curoi"
  • 『ケト・マク・マーガハの最期』(Aided Cheit maic Mágach)"The Death of Cét mac Mágach" (コノートの戦士)
  • 『ケルトハル・マク・ウテヒルの最期』(Aided Cheltchair maic Utechair)"The Death of Celtchar mac Uthechair"
  • 『コンホヴァルの最期』(Aided Chonchobuir) "The Death of Conchobor"
  • 『フェルグス・マク・ロイの最期』(Aided Fergusa maic Roig) "The Death of Fergus mac Róig"
  • 『アリルとコナル・ケルナハの最期』(Aided Ailela & Conaill Cernaig) "The Death of Ailill and Conall Cernach"
  • 『メイヴの最期』(Aided Meidbe) "The Death of Medb"

その他[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Rúraíocht&lang=2 focal.ie terminology database”. focal.ie. 2011年11月21日閲覧。
  2. ^ a b c d e Mackillop, Dict. Celt. Mythology, "Ulster Cycle"
  3. ^ 『来寇の書』Macalister 編訳では、クーフーリンがファルの石を叩いた時はキリスト生誕の時だとし、『コンホヴァルの最期』(Kuno Meyer 編訳 Death of Ulster Heroes) によれば、キリスト磔刑の報を聞いたコンホヴァルが興奮して(脳内の残留弾が動いて)死んだと書かれる。
  4. ^ レンスターの書の前話リストでは十篇(前話『如何にしてクアルンゲの牛捕りは発見されしか』Do fallsigud 参照)。他の写本では前話リストの後世が異なる。Arbois de Jubainville は十二編と数える。Scela サイト参照。
  5. ^ 『クアルンゲの牛捕り』
  6. ^ 『ダ・コガの館』
  7. ^ 『ダ・コガの館』
  8. ^ 『クアルンゲの牛捕り』、『ダ・デルガの館の崩壊』

事典など[編集]

  • Mackillop, James, Dictionary of Celtic Mytholgy (1998)

一次資料[編集]

  • 上述
  • 前話『如何にしてクアルンゲの牛捕りは発見されしか』 "Do fallsigud Tána bó Cualnhge"
    • Ernest Windisch 編訳(ドイツ訳), Die altirische heldensage Táin bó Cúalnge nach dem Buch von Leinster, Leipzig 1905,(Irische Texte, Extraband zu Serie I bis IV) pp. LIII—LV 。別リンク:scela サイト
    • Kinsella 英訳"How the Tain Bo Cuailnge was Found Again" の章、The Tain (1969), p.1-2 (前話のリストなどは原文通りではない)

二次資料[編集]