アリ・アールトネン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アレクシ・アールトネン
Aleksi Aaltonen
Ali Aaltonen.JPG
通称: アリ
生年: 1884年
生地: フィンランド大公国の旗 フィンランド大公国ヤムサ
没年: 1918年
没地: フィンランド王国の旗 フィンランド王国ラハティ
思想: 社会主義
活動: 社会主義の宣伝
赤衛軍フィンランド語版の指導
所属: 赤衛軍
刑場: ラハティの強制収容所
母校: ユヴァスキュラ高等学校卒業

アレクシ・“アリ”・アールトネンフィンランド語: Aleksi (Ali) Aaltonen1884年 - 1918年)は、フィンランドジャーナリスト軍人である。

フィンランド大公国ロシア帝国従属国ヤムサに生まれた。ユヴァスキュラの高等学校(fl)で第2学年から学び、1903年に第7学年で卒業した。翌年からロシア帝国軍フランス語版に従軍し、陸軍士官学校に学んだ。1904年から1905年まで日露戦争に従軍。しかし1905年にモスクワで発生した反帝政蜂起(ru)に加わり、逮捕、降格された。その後は「アリババ」(Ali Baba)という名を使いトゥルクヴィボルグコトカでジャーナリストとして社会主義系紙の出版に関わった。

1917年ロシア革命後は、10月からヘルシンキ赤衛軍フィンランド語版の指導者となった。翌年初頭にフィンランド内戦が起こると、タンペレで戦闘に参加した。その後白衛軍フィンランド語版側に捕らえられ、8月にラハティの強制収容所で白衛軍のエストニア人将校によって銃殺された。

参考文献[編集]

  • Välisalmi: Mies maailman turuilla, Tammi, 1946
  • Palmgren, Rauol: Joukkosydän. II. WSOY, 1966
  • Roselius, Aapo, Teloittajien jäljillä, 2007

関連項目[編集]

Northern-Europe-map-extended.png この「アリ・アールトネン」は、北ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 北ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ