アリシア・デ・ボルボーン=パルマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アリシア
Alicia
ボルボーネ=パルマ家
称号 カラブリア公妃
全名
出生 1917年11月13日(97歳)
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国ウィーン
配偶者 アルフォンソ・デ・ボルボン=ドス・シシリアス
子女
父親 エリア
母親 マリア・アンナ
宗教 キリスト教カトリック教会
テンプレートを表示
スペイン王室
Coat of Arms of Spanish Monarch.svg

フアン・カルロス1世
ソフィア王妃

アリシア・デ・ボルボン=パルマ・イ・アブスブルゴ=ロレナスペイン語: Alicia de Borbón-Parma y Habsburgo-Lorena, 1917年11月13日 - )は、カラブリア系両シチリア王家家長・スペイン王子アルフォンソの妃。イタリア語名はアリーチェ・ディ・ボルボーネ=パルマAlice di Borbone-Parma)。

経歴[編集]

アリシアの紋章

ボルボーネ=パルマ家家長の摂政エリアの四女(第7子)としてウィーンに生まれる。母はオーストリア大公フリードリヒの次女マリア・アンナ。1936年に同地で、又従兄にあたり(母親同士が従姉妹)旧両シチリア王族であるスペイン王子およびカラブリア公アルフォンソと結婚した。

子女[編集]

アルフォンソとの間に1男2女を儲けた。

  • テレサ(1937年 - )
  • カルロス(1938年 - ) - スペイン王子、カラブリア公
  • イネス(1940年 - )

王位請求権[編集]

ナバラ王位[編集]

ナバラ王国の伝統的な王位継承法(サリカ法を採らない)に従えば、1994年に次姉マリア・フランチェスカが死去して以降、ナバラ王位請求権を有するのはアリシアである。このことはカラブリア系両シチリア王家の公式サイト内において言及されている[1]

フランス王シャルル10世以降の想定される継承順
カルロス5世1
(フランス王シャルル10世)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ルイス8世2
(フランス王太子ルイ・アントワーヌ)
 
シャルル・フェルディナン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ルイーズ
(パルマ公カルロ3世妃)
 
エンリケ4世3
(シャンボール伯アンリ・ダルトワ)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ロベルト1世4
(パルマ公)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エンリケ5世5
(エンリコ)
 
ホセバ1世6
(ジュゼッペ)
 
エリアス1世7
(エリア)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エリザベト1世9
(エリザベッタ)
 
マリア1世10
(マリア・フランチェスカ)
 
ロベルト2世8
(ロベルト・ウーゴ)
 
アリシア1世11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カルロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペドロ

ジャコバイトの王位[編集]

ジャコバイト王位請求権者であったモデナ公妃マリーア・ベアトリーチェ叔姪婚教会法違反として問題視する一派は、その子孫を王位請求権者から除外し、マリーア・ベアトリーチェの妹マリーア・テレーザの最長子系の子孫であるアリシアを現在のジャコバイト王位請求権者アリス英語: Alice)とみなしている。ただし、マリーア・ベアトリーチェの結婚は教皇ピウス7世から有効の認可を得ているため、アリシアをジャコバイト王位請求者とする考えはごく少数にとどまっている。

出典[編集]

  1. ^ 13/11/2007 (英語)