ロベルト1世 (パルマ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロベルト1世

ロベルト1世(Roberto I, 1848年7月9日 - 1907年11月16日)は、パルマ公国の君主としての最後のパルマ公(在位:1854年 - 1859年)。カルロ3世とその妃でフランス王族ベリー公シャルルの娘であるルイーズ・マリー・ダルトワの長男。

生涯[編集]

フィレンツェで生まれる。父カルロ3世が1854年に暗殺されたため、母の摂政の下に6歳でパルマ公に即位した。1860年、12歳の年にパルマ公国は住民投票によりサルデーニャ王国への併合が決定され、ロベルトは君主の地位を退いた。サルデーニャ王国は翌1861年にイタリア王国となった。

1869年両シチリアフェルディナンド2世の娘マリーア・ピアと結婚し、12子をもうけたが、大変血縁関係が近かったためか、多くの子が夭折または障害児だった。マリーア・ピアは1882年に最後の子を死産した後、死去した。

  • マリア・ルイーザ(1870年 - 1899年) - ブルガリアフェルディナンド1世妃。ボリス3世の母。
  • フェルディナンド(1871年)
  • ルイーザ・マリア(1872年 - 1943年)
  • エンリコ(1873年 - 1939年) - (名目上の)パルマ公(1907年 - 1939年)
  • マリア・インマコラタ(1874年 - 1914年)
  • ジュゼッペ(1875年 - 1950年) - (名目上の)パルマ公(1939年 - 1950年)
  • マリア・テレーザ(1876年 - 1959年)
  • マリア・ピア(1877年 - 1915年)
  • ベアトリーチェ(1879年 - 1946年)
  • エリアス(1880年 - 1959年) - (名目上の)パルマ公(1950年 - 1959年)
  • マリア・アナスタシア(1881年)
  • アウグスト(死産)(1882年)

1884年ポルトガルの廃王ミゲル1世の娘マリア・アントニエッタ(マリーア・アントーニア)と再婚し、さらに12子をもうけた。

先代:
カルロ3世
パルマ公
1854年 - 1860年
次代:
(サルデーニャ王国に併合)
先代:
カルロ3世
ブルボン=パルマ家家長
1854年 - 1907年
次代:
エンリコ