ジュゼッペ・ディ・ボルボーネ=パルマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジュゼッペ・ディ・ボルボーネ=パルマ

ジュゼッペ1世・ディ・ボルボーネ・パルマ(Giuseppe I di Borbone-Parma, 1875年6月30日 - 1950年1月7日)は、ブルボン=パルマ家の家長および名目上のパルマ公1939年 - 1950年)。最後のパルマ公ロベルト1世が廃位後に最初の妻マリーア・ピア両シチリア王フェルディナンド2世の娘)との間にもうけた12人の子のうち第6子、三男であるが、長男は誕生後間もなく夭逝しており実質的には次男である。全名はGiuseppe Maria Pietro Paolo Francesco Roberto Tomaso-d'Aquino Andreas-Avellino Biagio Mauro Carlo Stanislao Luigi Filippo Neri Leone Bernardo Antonio Ferdinando。

1939年、兄エンリコの死によりブルボン=パルマ家の家長、および名目上のパルマ公ジュゼッペ1世となった。しかし、兄と同様にジュゼッペも知的障害であったため、弟エリアスが引き続き摂政として事実上の家長の役割を果たした。兄と同様に独身で子がいないため、1950年にジュゼッペが死去した後はエリアスが跡を継いだ。


先代:
エンリコ
ブルボン=パルマ家家長
1939年 - 1950年
次代:
エリアス