マリーア・ピア・ディ・ボルボーネ=ドゥエ・シチリエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パルマ公爵夫人マリーア・ピア

マリーア・ピア・デッラ・グラツィア・ディ・ボルボーネ=ドゥエ・シチリエMaria Pia della Grazia di Borbone-Due Sicilie, 1849年8月2日 - 1882年9月29日)は、両シチリア王国の王族。両シチリア王フェルディナンド2世とその2番目の妃のオーストリア大公女マリア・テレジアの間の三女。

マリーア・ピアは1861年、両シチリア王国の滅亡により家族と一緒に亡命を余儀なくされた。1869年4月5日、マリーア・ピアはローマにおいて、同じ亡命者の身の上であるパルマ公ロベルト1世と結婚した。夫妻の間には12人の子女が生まれたが、うち少なくとも6人は重い知的障害を患っていた。マリーア・ピアは1882年に出産に際して亡くなり、ヴィアレッジョ近郊のヴィラ・ボルボーネに埋葬された。夫のロベルト1世は1884年、ポルトガルの廃王ミゲル1世の娘マリア・アントニアと再婚した。

夫ロベルト1世との間に生まれた子女は、以下の12人である。このうち3人が夭折、6人が知的障害者、3人が健常者だった。

  • マリーア・ルイーザ(1870年 - 1899年) - 1893年、ブルガリア王フェルディナンド1世と結婚
  • フェルディナンド(1871年)
  • ルイーザ・マリア(1872年 - 1943年) - 知的障害者
  • エンリコ(1873年 - 1939年) - パルマ公家家長、知的障害者
  • マリア・インマコラタ(1874年 - 1914年) - 知的障害者
  • ジュゼッペ(1875年 - 1950年) - パルマ公家家長、知的障害者
  • マリーア・テレーザ(1876年 - 1959年) - 知的障害者
  • マリーア・ピア(1877年 - 1915年) - 知的障害者
  • ベアトリーチェ(1879年 - 1946年) - ピエトロ・ルチェッリ=パッリ(ベリー公爵夫人と再婚相手の孫)と結婚
  • エリアス(1880年 - 1959年) - パルマ公家家長
  • マリーア・アナスタシア(1881年)
  • アウグスト(1882年)