エリア・ディ・ボルボーネ=パルマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エリア・ディ・ボルボーネ=パルマ、1902年

エリア1世・ディ・ボルボーネ・パルマ(Elia I di Borbone-Parma, 1880年7月23日 - 1959年6月27日)は、ブルボン=パルマ家の家長および名目上のパルマ公1950年 - 1959年)。1907年から1950年までは、実兄である2代の家長の摂政を務めた。

生涯[編集]

フランス領バスクビアリッツに生まれる。最後のパルマ公ロベルト1世が廃位後に、最初の妻マリーア・ピア両シチリア王フェルディナンド2世の娘)との間にもうけた12人の子のうち第10子、四男であるが、長男は誕生後間もなく夭逝しており、実質的には三男である。廃位後もロベルト一家は莫大な財産を有しており、フランスシャンボール城をはじめ、オーストリアイタリアにも城を所有していた。

エリアは1903年5月25日ハプスブルク家の一族であるテシェン公フリードリヒ(スペイン王アルフォンソ12世の妃マリア・クリスティナの兄)の娘マリア・アンナウィーンで結婚した。2人の間には3男5女が生まれた。

1907年に父ロベルト1世が死去すると、兄エンリコがブルボン=パルマ家の家長、および名目上のパルマ公となった。しかしエンリコは知的障害者であったため、エリアが摂政として事実上の家長の役割を果たした。1910年には父と後妻マリア・アントニアの子である異母弟妹たちとの合意で財産分与を行ったが、その際に財産の半分を家長としての役割に見合うものとして自らのものとした。その中にはシャンボール城も含まれていたが、1930年にフランス政府の資産となった。

エンリコは1939年に死去したが、跡を継いだ次の兄ジュゼッペも知的障害者であったため、エリアが摂政を続けた。1950年にジュゼッペが死去した後はエリアが名実ともに家長となった。

1959年、エリアはオーストリアのフリートベルクシュタイアーマルク州ハルトベルク郡)で死去した。

先代:
ジュゼッペ
ブルボン=パルマ家家長
1950年 - 1959年
次代:
ロベルト・ウーゴ