エンリコ・ディ・ボルボーネ=パルマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エンリコ・ディ・ボルボーネ=パルマ

エンリコ1世・ディ・ボルボーネ=パルマ(Enrico I di Borbone-Parma, 1873年6月13日 - 1939年11月16日)は、ブルボン=パルマ家家長および名目上のパルマ公1907年 - 1939年)。最後のパルマ公ですでに廃位されていたロベルト1世と、最初の妻マリーア・ピア両シチリア王フェルディナンド2世の娘)の次男(ただし兄は誕生後間もなく夭逝しており、実質的には長男)。全名はエンリコ・マリア・アルベルト・フェルディナンド・カルロ・ピオ・ルイージ・アントニオ(Enrico Maria Alberto Ferdinando Carlo Pio Luigi Antonio)。

1907年、父の死によりブルボン=パルマ家の家長、および名目上のパルマ公エンリコ1世となった。しかし知的障害のため、弟エリアス摂政として事実上の家長の役割を果たした。この状況は、エンリコが独身で子がいないまま1939年に死去した後、弟ジュゼッペが家長を継いだ後も継続した。


先代:
ロベルト1世
ブルボン=パルマ家家長
1907年 - 1939年
次代:
ジュゼッペ