アマンダ・ウィン=リー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Amanda Winn-Lee
アマンダ・ウィン=リー
Amanda Winn-Lee cropped.jpg
プロフィール
本名 アマンダ・ベス・ウィン=リー
性別 女性
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 テキサス州 ヒューストン
生年月日 1972年11月14日(42歳)
所属 ガイジン・プロダクションズLLC
配偶者 ジャクソン・リー (ジェイソン・C.リー)
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ


アマンダ・ベス・ウィン=リー(Amanda Beth Winn-Lee 1972年11月14日-)は、テキサス州ヒューストン出身の、アメリカ合衆国の声優脚本家録音監督であり、主にアニメーション作品の吹替を本業としている。彼女は、『.hack//SIGN』のミミル、『ガンスミスキャッツ』のラリー・ヴィンセント、『魔物ハンター妖子』の真野妖子、『碧奇魂ブルーシード』の藤宮紅葉の声を担当し、有名な『新世紀エヴァンゲリオン』における綾波レイがその代表作である。声の仕事とは別に、彼女は頻繁に作品の販売やADR(Additional Dialogue Recording)の監督、および自身の吹替会社”ガイジン・プロダクションズLLC”(Gaijin Productions LLC)の様々な企画書の執筆も手掛けている。なお、結婚する前の彼女は”アマンダ・ウィン”と表記されていた。

リージョン・コード1のDVD新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』におけるオーディオ・コメンタリーでは、声優仲間のタリージン・ジャッフェ(Taliesin Jaffe)と夫でありまたガイジンの共同所有者でもあるジェイソン・C.リー(Jason C. Lee)と共に彼女の声を聞くことができる。

また、ウィン=リーはアニメから仕事の幅を拡大し、バンジースタジオTVゲーム『鬼』(Oni)では主人公コノコに声を提供した。

『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』と『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生』の英語版で、ウィン=リーがADR監督、吹替台本作家およびプロデューサーをこなしたほか、英語版の『Dead Leaves』と『R.O.D -READ OR DIE-』では監督と主要キャラクターとを務めた。

また彼女はガイジン・プロダクションズの設立前はADVフィルムに長く籍を置いていた。

2004年11月にアマンダとジェイソン・リーの息子 ニコラス・リーが誕生した。すぐに彼女の息子には小児白血病の罹患が見つかり、彼は1歳の誕生日を待たずして大がかりな治療を余儀なくされた。息子の世話のため、アマンダとジェイソンは数年の間、どんな新しいプロジェクトにも関わることはなかった。しかしながらニコラスは、医師団が彼の再発の危険性のベンチマークとしていた2008年11月までの3年間に発症することはなく事実上癌は消失している。[1]

2007年のナン・デス・カン(Nan Desu Kan 2007)において、彼女が新作映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』で持ち役への復帰を希望している旨が声優仲間でまた彼女の友人である碇シンジ役のスパイク・スペンサー(Spike Spencer)によって伝えられた。だが2009年5月に北米のアニメーション配給会社ファニメーションは、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』の綾波レイ役はブライナ・パレンシア(Brina Palencia)が担当すると正式発表した。[2]

フィルモグラフィ[編集]

※ 英題アルファベット順 / 太字は主役・主要キャラクター

アニメーション[編集]

TVゲーム[編集]

参照[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ Evangelion: 1.0's English Dub Cast Announced

外部リンク[編集]