アニマル柄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Tiger
Tiger
Cheetah
Cheetah
Leopard
Leopard
Giraffe
Giraffe
Palomino
Palomino
Zebra
Zebra
Snake
Snake
Turtle
Turtle

アニマル柄(アニマルがら)は、動物表皮哺乳類毛皮爬虫類皮膚)の、柄(模様)のこと[1]

同じく表皮模様に関して、アニマルプリントという語があり、この際、衣服シャツブラウスなど)にプリントされる。特徴的な柄をもつものがモチーフにされやすい[2]

なお、動物柄と呼ばれることもあるが、この場合「動物の全体像」が描かれているものを指すこともある[3]アニマル模様という呼び名もある。

概要[編集]

日本のファッションにおいては、1998年に流行があったといわれる[要出典]。古くは鳥獣模様の陣羽織が残っており、これを羽織った武将もいたという説がある[4]

ヒョウ柄[編集]

ヒョウ柄豹柄(ひょうがら)は、ヒョウ体毛の模様。レオパード柄とも呼ばれる[5]

関西の女性ファッションにおいては、くっきりした柄が人気が高いという指摘もある[4]

また、髪の毛の一部をまだらに染めた場合も、ヒョウ柄と表現されることがある[6]

自然界では、例えばトラフザメの成魚の模様なども、ヒョウ柄と表現される[7]

ユキヒョウをモチーフにした白(もしくはグレー)×黒のものは、厳密にはユキヒョウ柄と区分されることもある[8][9]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

  ウィキメディア・コモンズには、Animal patternsに関するカテゴリがあります。
  ウィキメディア・コモンズには、Leopard-pattern clothing, femaleに関するカテゴリがあります。